登壇した亀梨和也ら

 亀梨和也、奈緒、瀬戸康史、江口のりこ、木下ほうか、中田秀夫監督が21日、都内で行われた映画『事故物件 恐い間取り』(8月28日公開)完成記念イベントに登壇した。なお、松原タニシはリモートで参加した。本作がホラー初出演となる亀梨は「自信を持ってお届けできる作品」と胸を張った。

 事故物件住みます芸人として活動する松原タニシの実体験による著書『事故物件怪談 恐い間取り』の映画化。

 テレビ出演のために事故物件に住み始める売れない芸人・山野ヤマメ役を演じた亀梨和也は本作がホラー初出演となる。「ホラーという作品は、観てくださる皆さんのことを常に感じながら、撮影していくのだなというのを感じました。自信を持ってお届けできる作品に参加できて嬉しく思います」と胸を張った。

 お笑いコンビ・ジョナサンズでヤマメの相方を務める中井大佐役を演じた瀬戸康史は「コンビということで、ほぼ亀梨さんとのシーンでした。亀梨さんとは初めてだったんですが、本当に初めて感がなくて」と明かすと、亀梨は「僕も!コンビという設定だったからでしょうか? 10年間コンビを組ませていただくという、役柄なのか、それはとても感じてました」と同意見。

登壇した亀梨和也ら

 ヤマメを密かに応援するテレビ局のヘアメイクアシスタント・小坂梓役を演じた奈緒は、亀梨に最初に会った当時のことを「帰り道にマネージャーさんから“今まで共演された方であんなに緊張せずに、ナチュラルに話せているのは初めてだと思う”って言われたんです」と振り返り、「実は忘れられないことがあって、体力を使うシーンの撮影後に亀梨さんからですって、“焼肉のお弁当と、私が前チラッと話していた”タン塩が好き“というのを覚えてくださっていて、タン塩も入っていて、本当に感動しました」と感激していた。

 この日は、ヤマメに事故物件を紹介する不動産屋・横水純子役を演じた江口のりこ、ヤマメに事故物件に住んでみろと無茶ぶりする制作会社プロデューサー・松尾雄二役を演じた木下ほうかもエピソードを語り、リモート参加した松原は実際に住む事故物件を紹介していた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)