ゆず

 俳優の三浦春馬さんが18日、逝去した。突然の訃報に接し、芸能界からは悲しみや哀悼のメッセージがSNSなどを通して寄せられた。

 思いを綴ったゆずの北川悠仁のインスタグラム

 ゆずの北川悠仁はインスタグラムを更新。岩沢厚治との連名で文章を綴り、「三浦春馬君の突然の訃報をまだ受けとめきれず、正直なところ、気持ちの整理がつきません」と寄せた。

 そして、「初めて春馬君に出会ったのは約12年前。僕たちの楽曲のミュージックビデオに出演していただきました。演技も素晴らしかったし、なによりその誠実な人柄にとても心惹かれました。『ずっとゆずのファンなんです』と、少し照れながらまっすぐに伝えてくれたあの表情を、今でも覚えています」と思い出を振り返った。

 北川は「その後、何度もライブを観に来てくれたり、いろいろな場所でゆずのことを話してくれたり。素晴らしい才能と人柄、そしてたくさんの可能性を持っていた春馬君の死は、受け入れ難いとても大きな悲しみです。春馬君のご冥福をお祈りします」と結んだ。

 三浦さんは過去に出演したバラエティ番組で、ゆずの大ファンであることを明かし、主演ドラマ『僕のいた時間』の主題歌をゆずが担当した際には「何よりも夢でもありました」と目を輝かせながら語っていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)