NEWS

 手越祐也が事務所を退所し、3人体制となったNEWSが18日、TBS系音楽特番『音楽の日2020』に出演、「生きろ」を熱唱した。増田貴久は「前を向いて歩いていこうと思います」と述べた。

 小山慶一郎、加藤シゲアキ、増田貴久の3人で活動を続けていくことになったNEWS。司会の中居正広から「大丈夫?」と問われると増田は「3人で歌って行こうと思います」と回答。

 更に中居から「スピードも環境も気持ちの問題もあると思いますし、整理はついたのかな」と心配されると、増田は「前を向いて一歩一歩、歩いていこうと思っています」と述べ、加藤も「何よりも心配かけたのはファンの方。その方々に向けても歌っていけたら」と意気込んだ。

 そんな3人に中居は「なかなか整理がつかないことも多々あると思いますが、そんなに急ぐこともないと思いますし、これが明けたら強くなれると思いますので」とエール。それを受け、3人は揃って頭を下げて感謝した。

 この日披露したのは「日本の皆さんに少しでも元気を届けられたら」(小山)と「生きろ」。「NEWSならできる」という中居のエールを受け、ステージに立った3人は力強く歌った。<生きろ!何万回言ったって>のサビではピンクのライトに染まりながら、増田一人で歌い、それを加藤と小山が見つめていた。

 エネルギー漲るパフォーマンスにネットでは「力をもらった」「本当に良かった」「まっすーを見つめる2人も最高でした」「NEWSすげぇな.....しっかり前向いて歩いてるのめちゃくちゃかっこいい...」などといった声や、途中で見せた増田に笑顔に「ホッとした」との声が挙がった。

 また、“先輩”中居のエールに感謝する声も多く見られ、反響を集めている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)