Hi Cheers!「僕らが作る音楽で笑顔を」新世代ポップバンドのルーツに迫る
INTERVIEW

Hi Cheers!


記者:平吉賢治

撮影:

掲載:20年07月17日

読了時間:約12分

 4人組バンドHi Cheers!(ハイチーズ)が7月17日、初音源となる1stデジタルシングル「ABCがワカラナイ」をリリース。“Show me your smile”をテーマに掲げるHi Cheers!は、上野正明(Vo/Gt)、高村風太(Vo/Key)、Chie(Vo/Gt)、月川玲(Vo/Ba)の男女混合4人組で、全員がボーカルを担当するというスタイルのバンド。明るく楽しく、時には悲しく切ないことすらも軽快に鳴らし、「聴く人を笑顔に、元気に、応援する」という想いを込めて活動する彼らの音楽からは、あらゆる音の色彩を統合したニュースタイルを感じる。インタビューでHi Cheers!の特色や音楽性について迫った。【取材=平吉賢治】

Hi Cheers!結成のいきさつとバックボーン

――Hi Cheers!はどのようにして集まった4人でしょうか。

上野正明 4人それぞれバラバラに音楽活動をしていました。Chieと月川は2人で歌う2ピースバンドをやっていて、高村は作家的な感じでDTMで音楽を作ったりする人でした。僕はアコースティックギターの弾き語りでライブ活動などをしていました。バラバラではあるんですけど、音楽の繋がりで知り合っている関係でした。

――上野さんが発起人のような感じで結成した?

上野正明 一人でやるのが寂しくなってしまって(笑)。誰かとバンドをやりたいと思って、好きな人達に声をかけたらみんな快く引き受けてくれたんです。僕はシンガーソングライターだったので、バンドの繋がりがそんなになかったので知っているドラマーがあまりいなかったこともあって、ドラムレスなバンドになっています。最初にChieと月川に声をかけました。

――誘われてどんな印象でしたか。

Chie しょっちゅう私達のライブに見に来ていたので、うすうすそれっぽい雰囲気を出していたんです。誘われて、面白そうなのでとりあえずやってみようかという感じでした。

――その時点でバンドの構想はあった?

月川玲 特にこれといってなかったんですけど、とにかく私は上野さんの曲が好きだったので、やるのは全然アリだなと思って承諾しました。

上野正明 そして3人でやろうとなった時に、たまたま風太と知り合ったんです。彼が個人でYouTubeチャンネルに上げている作品を聴いて「めちゃめちゃ素敵だな!」と思って「これは入れないと」と思ったんです。会って2回目くらいで誘って、断られるかなと思ったんですけど、「いいですよ」と言ってあっさり承諾してくれました。

――高村さんはYouTubeでどのようなことを発信していたのでしょうか。

高村風太 アレンジとかが好きなので、楽曲を集めてアレンジしたりしていました。メドレーを作ってみるとか、趣味で作ったものを上げていました。

――そういった流れで結成されたのですね。バンド名の由来は?

高村風太 前のバンド名が長かったから短いのがいいなと考えて…。

上野正明 名前の候補が3つあったんです。

高村風太 まず「ダダンダン」という。「ン」が入ると売れるとよく言われているので。

上野正明 それはお笑い芸人さんの場合だろ(笑)。

高村風太 ダウンタウンさんとかウッチャンナンチャンさんとかね(笑)。あとは「ザ・マヨネーズ」という候補名も。

Chie それもお笑い芸人さんっぽいじゃん!

上野正明 「ン」入ってないし(笑)。

高村風太 あとは月川のアイディアで「凸凹サーカス」というのもありました。

月川玲 単純に身長差が激しいから「凸凹サーカス」いいかなって思って。

――どれもインパクトがありますね…。

高村風太 その流れで「Hi Cheers!」も出て、4つ並んだ中でHi Cheers!をと。

――厳選されたバンド名だったのですね。そんなHi Cheers!は“Show me your smile”をテーマに掲げていますが、このテーマにした理由は?

上野正明 「Hi Cheers!」という言葉は写真を撮る時に使うので、アーティスト写真もみんなカメラを持っているんですけど、僕らが作った音楽を聴いて頂いた方々に少しでも楽しい気持ち、笑顔になってほしいという想いがあります。聴いているお客さんが被写体と言いますか、カメラに写る写真がメインだと思うので、僕らが作る音楽でみなさんの笑顔を写真を撮る時のようにできたらなという想いもあるんです。

――みなさんが音楽に触れたきっかけは?

月川玲 もともとは聴いているだけだったんです。3年前にユニットに加入することになった時に、家にベースがあったので「だったらベースを弾いてよ」と言われて始めました。

Chie 私はもともとダンスをやっていてダンスミュージックばかり聴いていたんですけど、腰を骨折してダンスをやめて、興味もってギターを始めてなんとなく習いに行ったのがきっかけです。

高村風太 僕は物心がつく前から親が音楽教室に入れてくれてエレクトーンとかを弾いていた流れで、PCで曲を作るようになったという流れです。すんなりとDTMに移行できました。

上野正明 僕も物心がつく前からピアノやエレクトーンをやっていました。でも、習い事って週一回くらいあるので、自分の好きなタイミングでできないのがちょっと苦手で続かなかったんです。鍵盤の白と黒でもう目がチカチカしてきて(笑)。もうダメだと思って、その反動でたまたま家に父親のアコースティックギターが置いてあったので、それを触ってみたのがきっかけです。ピアノがつらいなという反動でギターを弾いてそれが楽しくなったという感じです。

――上野さんが影響を受けた音楽はJ-POP全般だそうですが、その面もHi Cheers!の音楽性に活きている?

上野正明 気づかないうちに出ているかもしれないです。中学生の頃からYouTubeが流行りだしたので、次から次へと色んな音楽が観られたんです。一つのアーティストさんが大好きとかもあったんですけど、まんべんなく色々聴けたので、流行りの音楽も聴きつつ親の時代に流行った曲も聴いたりしていて。

――時代で区切って聴くというような感じではないのですね。

上野正明 そうなんです。調べたら意外と上の世代のアーティストの方だったりと。影響を受けたアーティストだと、ORANGE RANGEさんは小学生の頃にブレイクして、ポルノグラフィティさんは僕より少し上の世代が好んでいたんですけど、いとこの影響で聴いていました。

――自身の世代よりも前の音楽という点では、高村さんも80年代の日本のAORに影響を受けているという共通点がありますね。

高村風太 そう言っておくとカッコいいかなって思いまして(笑)。山下達郎さんや角松敏生さんなど。SMAPさんも影響を受けたアーティストです。

――アレンジは高村さんがメインだそうですが、80年代AORはアレンジに活きている?

高村風太 はい。影響を受けた音楽から勉強して、全く違う曲を書こうとした時に引き出しとなることもあるので、今っぽいアプローチの仕方と、80年代みたいな緻密に作られているものなどを交差させるというか、実験に近いかもしれません。

――それは「ABCがワカラナイ」にも表れている?

高村風太 「ABCがワカラナイ」はわりと今っぽいというか、“ザ・J-POP”みたいなアプローチで、明るくキャッチーにというような。最初に出させて頂く曲なので、耳に残りそうな曲という意味で作りました。

――歌詞はどういった着想で書いたのでしょうか。

高村風太 価値基準というか、意見や主張がみんな各々あってそれがSNSなどでぶつかり合って、その問題に対して何も知らない時、パッと見て極論を言っている人達がいて、「何を言っているのかわからないな」という…。両極端の意見は一方からしたらそれは正しいのに、「ここは間違っている」というような言い方を目にすると「ここは合ってるけど、ここは間違ってるよね」というところってあると思ったので、それを<ABC>という言葉に託した感じです。

――片方だけの意見だけをみると、もう一方は「悪い」という捉え方になって、自分の主張が正しいという戦いになってしまう感じは確かにありますね。

高村風太 あと、歌詞に数字を入れたのは、数字と評価って直結してるけどそれだけでいいのかという。数字ってわかりやすいけど奥行きがないというか。残っていくけど薄っぺらな形になってしまうなっていうような気がして。それよりも自分が好きなことを好きだって言っちゃったほうがいいんじゃないかと。

――なるほど。サウンド面の話に戻りますが、Chieさんはダンスミュージックの他にも様々な音楽から影響を受けているようですね。

Chie ギターの先生が色々とアーティストを教えてくれて、山崎まさよしさんなどを好きになりました。自分でネットで音楽を聴いていたりもしたので、ボーカロイドや米津玄師さんが好きだったりします。色んな人から勧められた音楽を聴いていたので好きなのがバラバラだったりします。

上野正明 ギターでソロとかはボカロっぽいアプローチがあったりして、80年代を目指しつつも、Chieちゃんのギターで現代っぽいアプローチになっている曲もあるんです。

――月川さんが影響を受けた音楽は?

月川玲 昔の洋楽が凄く好きでして。完全にそこしか知らないくらいの勢いで聴いています。

――なぜ洋楽に興味を持ったのでしょうか。

月川玲 親の影響です。両親とも古い洋楽が好きで、それがいつも家で流れていたんです。レッド・ツェッペリン、イエス、キング・クリムゾン、ポリス、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、アース・ウィンド・アンド・ファイアー、パット・メセニーなど…。

――かなり幅広く、70年代の洋楽が多いですね。

月川玲 偏っていますね(笑)。

上野正明 一度、月川の家でメンバーみんなで泊まりに行った時の朝、ご両親が起きてこられてまずPCでその日のプレイリストを流すんです。朝、昼、晩と毎日DJのようにかけているそうなんです。その音楽がおしゃれ過ぎて! たぶんその影響で月川はいっぱい色んな音楽を聴いているんです。

――ご両親、凄いですね。

月川玲 ヒッピーみたいな親です(笑)。

――個人的に、ベーシストでレッド・ツェッペリンが好きというのは“通”だなと感じます。

月川玲 ジョン・ポール・ジョーンズ(レッド・ツェッペリンのメンバー。主にベースを担当)がジャズベースを使っていたので、私はジャズベを最初に買いました。ジョン・ポール・ジョーンズがいなかったらレッド・ツェッペリンは成り立っていなかったのでは、と思うくらいです。

上野正明 月川はメンバーの中で一番ロックなんです。考え方も音楽のやり方もロックだなと。

4人ボーカルという強み、温故知新のニュースタイル

「ABCがワカラナイ」MVキャプチャ

――アレンジは高村さんがメインで進めるとのことでしたが、アンサンブルは自然に構築されていく?

高村風太 今回はコロナ禍という状況下で制作スタイルが通常ではなかったので、ある程度主体性を持ってやった方が円滑にいくかなと思いました。

――ブラスアレンジなども高村さんが?

高村風太 ブラスも弦も自分でアレンジしました。映画音楽を聴いたりするので、鷺巣詩郎さんが凄く好きでして。サントラとかのアレンジや構造をチェックしていて、それが身についているのかなと思います。あと、エレクトーンをやっていたのが大きいです。エレクトーンってビッグバンドジャズとかを自分で譜起こししなければいけなくて。そこで耳の力が鍛えられました。

――コード進行や音楽理論などの知識はどのように得ているのでしょうか。

上野正明 ネットでコード進行が出ているサイトがあるので、今流行っているJ-POPなどはある程度はコードがわかるんです。それでも弾いていて違和感のあるコードとかがあるので「本当に合っているコードは何だろう」と、探ったりして、けっこうネットを駆使しています。YouTubeでもギターの弾き方をアップされている方もいるので。そういうので色々得たのかなと思います。

Chie 私はギターを習っていたので、先生から教えてもらったりとか、自分でTAB譜(弦とフレット数や弦楽器奏法が指定されている譜)を買いに行って曲をコピーしたり、「弾いてみた」動画を観て参考にしたりの繰り返しです。

――月川さんはどのようにプレイ面を磨いたのでしょうか。

月川玲 最初の1年くらいは独学でやっていたんですけど、2、3年くらい前からは師匠みたいな存在に習っています。

――歌唱面についてですが、4人全員ボーカルを担当するスタイルになった理由は?

高村風太 もともと4人とも歌っていたというのが大きいです。だからメインボーカルを定める必要はないかなと思ったんです。

――メインボーカルは不在?

上野正明 曲によって、キャッチーな声は風太だと思うので風太メインの曲もあったりしますし、全員全然キャラクターの違う声なので、意外と曲に合わせてバリエーションができるかなという感じなので、そんなにがっちり定めているという感じではないんです。

――完全に4人ボーカルなのですね。

高村風太 曲を作った人が歌えばいいかなと僕は思っていまして。

――全員ボーカルを担当するグループというのはいますが、均等にというのは珍しいですよね。

上野正明 けっこう「みんながボーカル」と言いつつコーラスにまわる人がほとんどだったりと。

――そのあたりからも“ニュースタイル”を感じるのですが、自身ではどう思われますか。

上野正明 温故知新なところがあるような気がします。イーグルスとか、昔もやっていたことでもある気はしますし、ニュースタイルなのかな…今、その席に誰も座っていないだけなのかもしれないです。どっちかというとメインボーカルが真ん中に立ってというのが多いかと。それぞれが上手い下手関係なく楽しんで歌うのはいいことだなと思います。

高村風太 誰かが突き抜けていたらその人にマイクがいくんですけど、そうではないので、声の個性、曲でできるジャンルの幅が広がるんです。

国民的に、長期的に愛されるアーティストを目指して

――Hi Cheers!のコンセプト“Show me your smile”は、曲から伝わってくるのですが、他にも「伝えたい、表現したい」ということはある?

高村風太 僕個人としては「自分は音楽をやっている」というのはもちろんなんですけど、もっと大きくエンタメをやっているという気持ちがあります。変な意味で自分に酔った音楽ではなくて、まず聴き手に楽しんでもらうというか、ありふれたものではなく、新しくて聴き手が選んでくれるようなエンタメというものを作っていきたいと思っています。

月川玲 このバンドに関してはポップが売りみたいなところがあると思うので、私が影響を受けた音楽とはまたちょっと違う路線だと思うんです。ポップの中にも自分の芯の部分を表現するための場にしたいと思っています。

Chie 私は自分自身が音楽を聴いている時に、カッコよさにしびれてバカになっちゃう感覚が好きなんです。何も考えずに聴いている感じというか。だから自分の出す音で、聴いている人に訴えかけたい、相手を変えたい、というのではなく、自身も楽しんでやることで聴く人に楽しさが伝わればいいなって思います。

――バンドとしても、各々でもスタンスがあり、それがカラフルに交わっているのですね。さて、Hi Cheers!の夢や目標は?

上野正明 日本武道館と両国国技館でワンマンライブがやりたいです。単純に憧れる場所だし、好きなアーティストがそこでライブをしたのを観て感動的だったというのもあります。自分もそこでやって、超えられるようなことができれば本望という感じです。

高村風太 あと、紅白歌合戦に出たいって言ってなかったっけ?

上野正明 そう! 紅白に2回出たいんです。2回以上紅白に出演させて頂けるのは、長期的に愛されるアーティストというイメージがあるんです。今はまだスタートラインですけど、今ある曲の他にも色んな影響を受けた音楽があるので、幅広くやって愛される音楽を作りたいなという気持ちがあって、そういう意味で紅白に2回出たいんです。国民的に、みなさんに長期的に愛されるアーティストになりたいなと思っています。

(おわり)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事