ハロー!プロジェクトの所属グループメンバーが集結する夏のコンサートツアー『Hello!Project 2020 Summer COVERS The Ballad』が11日、東京・中野サンプラザで開幕した。新型コロナウイルス感染症予防対策を講じ、出演メンバーそれぞれがソロでJ-POPのバラード曲を中心にカバーした。公演Bチームの山岸理子(つばきファクトリー)がコンサートを振り返った。

 山岸理子「中野サンプラザでソロで歌わせていただいたのは、ハロプロ研修生の実力診断テスト以来で、約6年ぐらい前です。実際にお客さんの前で歌を披露するのも久しぶりだったので、鳥肌が立ちました。楽曲を聴きこんでたくさん練習して、歌詞もちゃんとお客さんに伝わるように歌い方も気をつけて歌いました。今回ソロだったので1人で戦ったというか、自分自身と戦ったという感じなんですけれども、やっぱりみんなと早くステージに立ちたいなっていう思いはあります」

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)