ハロー!プロジェクトの所属グループメンバーが集結する夏のコンサートツアー『Hello!Project 2020 Summer COVERS The Ballad』が11日、東京・中野サンプラザで開幕した。譜久村聖(モーニング娘。'20)は7番目にソロのステージを踏んだ。

――ステージに立ってみて、どうでしたか?

 人生で1番!? ってぐらい緊張しました。ですが、開演してホールに出て行った時は、素直にコンサートができるのが嬉しいって気持ちで、皆さんの顔見てウルってきました。

 自分の出番の時には、直前に歌詞を忘れるくらい本当に緊張してて、7番目だったのですが、早く感じるぐらいでした。

 不安は強かったですが、私自身がファンでもある平井堅さんの「僕は君に恋をする」を歌えるのが嬉しくて、“こういうチャンスは今までに訪れなかったことだから”と思い、ファンの皆さんに“これも良いね!”と思ってもらえるように唄いました。

 歌唱後にステージ袖にハケた時、保田さんが「頑張ったね。よかったよ!」と言って
くださって、それが嬉しかったです。もう、仏って感じでした!(笑)

 今回は1人ずつステージに上がるので、精神面もすごく鍛えられると思いますし、メンバーそれぞれ新しい表現の幅も広がっていくと思います。

 メンバーの新しい一面が見られるコンサートなんじゃないかなって思います。

 1番であんなに綺麗に歌いあげた段原は本当にすごいと思う。精神強すぎる! 私、多分トップバッターだったら歌えてなかったです。

 個人的に注目して欲しいのは、小田さくら(モーニング娘。'20/公演Cチーム)です!

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)