歌手の安斉かれんが10日、テレビ朝日系『ミュージックステーション』に生出演。テレビで初となる歌唱をおこない、ネット上で反響を呼んでいる。

 大きな話題を呼んだ系ドラマ『M 愛すべき人がいて』で主演を務めたことが紹介された安斉。司会のタモリから、この日のステージが″テレビ初歌唱″であることを尋ねられると、「そうなんです」と笑みを見せ、その上で「緊張してるんですけど、精一杯楽しんで歌わせていただきます」とメッセージを発信し、テレビ初歌唱への意気込みを伝えた。

 安斉はこの日、自身の5枚目シングル「僕らは強くなれる。」と、コンピレーションアルバム「avex revival trax」で、自身がカバーしたm-floのヒットナンバー「come again」を披露した。

 テレビでの初歌唱となった安斉だが、伸びやかな高音などを生かし、力強く歌唱。「come again」の名曲もたくみに歌い上げ、ネット上で多くの反響が見られた。

 ツイッターには「歌上手いな いいなぁ さすがだ」「安斉かれんちゃん可愛い歌声ですね」「安斉かれんちゃんは come againみたいな曲調があってて良い!」などと歌唱力への賛辞が寄せられた。

 さらに、「初歌唱とは思えないくらい堂々としててカッコ良かった」「シンプルに度胸が据わってる」と、歌いっぷりを称賛するコメントも多い。

 渋谷の人気ショップ「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」で店員として働きつつ、多くのファッション誌、メディアに登場して注目を集めていた安斉。昨年4月にシングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」でデビューし、ドラマ「M 愛すべき人がいて」の主演を務め、さらなる活躍が期待されている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)