『マロナの幻想的な物語り』で主人公マロナの声を担当することが決まった、のん

 女優ののんが、ルーマニア・フランス産アニメ『マロナの幻想的な物語り』日本語吹替え版で、主人公マロナの声を担当することが決まった。

 『マロナの幻想的な物語り』は、ルーマニアの女流監督アンカ・ダミアンが『ロング・ウェイ・ノース 地球のてっぺん』のプロデューサー、ロン・ディエンスらと製作したアニメーション。今年の東京アニメアワードフェスティバル(TAAF)で長篇アニメーション グランプリを獲得している。

 のんが演じるのは、鼻がハートマークなミックス犬マロナ。『この世界の片隅に』 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』で主人公・すずの声を演じ、第38回ヨコハマ映画祭「審査員特別賞」を受賞した女優で“創作あーちすと”ののんが、次はミックス犬役に挑戦する。

のんが、日本語吹替え版で声を担当するミックス犬マロナ(C)Aparte Film, Sacrebleu Productions, Mind's Meet

 移り替わるマロナの飼い主たちには、曲芸師マノーレに「黒子のバスケ」火神大我をはじめ多くの人気作品に出演する小野友樹、大きく優しい工事現場監督イシュトヴァンに人の心を落ち着ける声を持つ期待の新人・平川新士、少女ソランジュに「スーパーカブ」で主役の小熊役に抜擢された夜道雪などが配役されている。

 『マロナの幻想的な物語り』は、ルイ・ヴィトンがトラベル・ブック“パリ編”に選んだイラストレーター、ブレヒト・エヴァンスをはじめ、ボローニャ国際絵本展で注目のサラ・トーステンセンといったヨーロッパの才能あるクリエータが集結し2Dと3Dを融合させた映像が見所の一つだ。

 『マロナの幻想的な物語り』は8月29日から、渋谷・ユーロスペースで字幕版を先行公開、2週間後の9月12日から吹替え版を含め、全国順次公開される。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)