STU48が9日、船上劇場「STU48号」について、来春をめどに「役わりを終えさせていただく予定」と発表した。

 STU48はこれまで、船上劇場「STU48号」を専用劇場とし公演を行ってきたが「継続的な公演の開催を望まれるファンの皆様の声に応える」ため、今後は「新型コロナウイルス感染防止対策を講じながら、瀬戸内エリアを中心に、会場を固定せずに各地を巡って公演を開催することといたします」と報告。「状況に応じて臨機応変な対応で公演を開催することで、より多くのファンの皆様に会いに行く機会を作って参ります」と伝えた。

 また、「これに伴い残念ながら来春をめどに『STU48号』は、その役わりを終えさせていただく予定ですが、海に育てられたSTU48として、引き続きまた違った形で船上や港での活動を進めて参ります」とした。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)