ガールズ・ユニオン=FAKYが7日、ラッパーNovel Coreとコラボレーションした新曲「half-moon feat. Novel Core」のミュージックビデオと共に配信がスタート。

 ABEMAの大人気恋愛リアリティーショー『月とオオカミちゃんには騙されない』への出演経験を通してHinaの揺れ動く思いをメンバーのLil’ Fangが歌詞にした「half-moon」。今回、Hinaと同番組に出演した若手実力派ラッパーのNovel Coreが新たにリリックを書き下ろし「half-moon feat. Novel Core」として7月7日にリリースした。

 「オオカミ」シリーズで共演者であるアーティスト同士がコラボレーションし、楽曲をリリースするのは今回が初となる。

 「歌詞閲覧数」+「いいね!クリック数」の割合で「発売前の楽曲」をランキング付けした歌ネット注目度ランキングでは、堂々1位を獲得するなど注目度が高い今楽曲だが、J-POP界では珍しいガールズ・グループとラッパーのコラボレーションに期待が高まる。

 BTS「Lights」などを手掛け、今回楽曲を制作したUTAは「これまでにFAKYが表現してきたサウンドにも違和感を感じさせず、それでいて普遍的な良さを持ち合わせたミッドバラード楽曲を目指し制作しました。メロディのレンジが結構広く、難しいラインもたくさんあったのにも関わらず、それを素晴らしく表現してくれたメンバーの皆さん、コアさんに感謝です。この曲を通じてFAKYのファンの皆さんにとっても大切な1曲になってくれたらとても嬉しいです」とコメントした。

 また、今回ミュージックビデオを手掛けたのは、YouTubeの再生回数が2億回突破を誇るOfficial髭男dismの「Pretender」をディレクションした新保拓人監督だ。

「half-moon feat. Novel Core」

 ミュージックビデオはパラレルワールドに存在する会いたいけど会えない2人の物語を現代版織姫と彦星として幻想的に描かれており、楽曲が持つ孤独感と壮大感にさらに拍車がかかった作品となっている。

 今回の作品に対し監督は「Hinaちゃんとは気づけば3本目の撮影でした。最初はFAKYに入った直後で、それから会う度にどんどん成長する彼女を見てました。この数ヶ月で彼女の環境も心境も目まぐるしく変わって多くの葛藤があったと思います。撮影前に2人で話してその葛藤を表現してほしいと伝えました。コアくんとは初めましてでしたが、とてもナイスガイで、リリックでもムーブでも自分を表現するのがうまくて最高でした。

 ビデオは、ヒナちゃんとコアくんからもらった曲の想いを元に、時間が止まったような4~5月のことを思い出してアイデアを出しました。会いたくても会えない、触れたくても触れられない、まるで周りとは別の世界にいるような感覚を2人に投影しながら表現しました。

 FAKYらしいかっこよさを残しながらも、儚さやロマンチックな要素を強く出そうと意識しました。かっこよくてロマンチックなビデオを楽しんでください!」とコメントした。

 そして、Novel Coreは「オオカミちゃんの3ヶ月間、本当にあっという間で、夢だったんじゃないかと思ってしまうくらい不思議な時間だったんですが、その時間が本物で、とても素敵な時間だったんだと再確認出来る曲になったと思っています。既発の楽曲に参加し、世界観は守りつつ新しいものにしていくというのも初めての経験で、制作中にHinaは勿論、FAKYの皆さんとも深く交流出来たのがとても嬉しかったです!MVも僕とHinaが今感じている様々な思いを、映像という形でしっかり表現出来たと思っています。オオカミちゃんの3ヶ月間から一歩進んだ新しい時間軸の中で、Hinaやオオカミメンバーの皆とまた新しい素敵な時間を過ごせますように、と七夕の短冊に書くつもりで撮影しました!(笑)歌詞、音、映像、全てこだわり抜きましたので、何度でも繰り返し楽しんで頂けたら嬉しいです。」(Novel Core)

FAKY

 Hinaは「初めて自分の経験を元にした楽曲であるhalf-moonは、オリジナルもフィーチャリングも両方メンバーや制作に携わって下さった皆さんの力がなければ完成しなかった作品です。このように曲や映像としてみんなでひとつの形に残せた事が本当に嬉しいし、これからも自分にとってはすごく特別な曲です。皆さんにとってもそんな曲になることを祈っています!」(Hina/FAKY)とコメントした。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)