出演メンバー(C)Mercury

 HKT48が5日、レッスン場からの配信限定ライブ『HKT48 THE LIVE STUDIO LIVE SONG』を初開催した。3月31日開催の配信限定公演『ただいま恋愛中』以来約3カ月ぶりのステージ。新型コロナウイルス対策のため、メンバー9人の3人ずつの出演でソーシャルディスタンスを確保した形での開催となった。

 ボーカルレッスンを受けるメンバーのメイキング映像が流れ、坂口理子、坂本愛玲菜、村重杏奈による13thシングル「3-2」のカップリング曲「青春の出口」でスタート。坂本愛玲菜は「皆様に会える日はいつかな、と思いながらみんなで少しずつレッスンを積み重ねてきました 。たくさんの皆様に感謝の気持ちとエールを込めて、精一杯楽しい時間をお届けできたらと思います」と挨拶。続いて3人ずつメンバーが入れ替わり、全4曲を披露した。

 「桜の木になろう」と「あなたがいてくれたから」の2曲では、森保まどかがサプライズ出演。森保が奏でるピアノの音色にのせて歌った。メンバーも「まどちゃんのピアノで歌えてすごく嬉しい!」と笑顔をみせた。

 最後の曲を終えて涙ぐむメンバー。坂口理子は涙ながらに「会えない時間もSNSなどで皆さんがコメントをくださったり、配信を見に来てくださることが本当に支えになりました。それと同時に直接、皆さんの前で歌ったり踊ったりしたいなという気持ちが込み上げました」と振り返った。

 また、森保のピアノ伴奏で届けた「あなたがいてくれたから」に触れ、「今見てくださっているファンの皆さんがいてくれたから、今日までやってこれたんだよ、というメッセージでした。この気持ちが皆さんに届いていれば嬉しいなと思います」と思いを伝えた。

 次回の配信限定ライブは、7月12日午後2時、7月16日午後8時に開催する。

田島芽瑠・コメント

 なかなか劇場公演を始められずに、ファンの方をお待たせしてしまっていたので、まず初めの一歩を歩めた事が凄く嬉しいです! 私達の歌の力で、少しでも誰かの心に安らぎを提供できればと思っています。一緒に、この期間を乗り越えていきましょう。

田中美久・コメント

 この日のためにみんなでたくさん練習しました。レッスンをはじめてから少しずつ上達していって、早くこの歌声を皆さんにお届けしたいなという気持ちで今日を迎えました。観てくださる皆さんに私たちの気持ちが伝わるように、心を込めてお届けしました。少しでも伝わっていれば嬉しいです。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)