会見に臨んだ本仮屋ユイカ

 本仮屋ユイカが3日、都内で、主演を務める連続ドラマ『マイラブ・マイベイカー』(7月10日から順次配信・放送開始)記者会見に臨んだ。この日は共演の飯島寛騎、竹財輝之助、小宮有紗も出席した。

 らくだ著コミック『マイ ベイカー』が原作。パン屋を舞台に、恋愛ベタな男女と2人を取り巻く人々を描いた“ムズキュン”ラブストーリー。

 本作で主演を務める本仮屋は、パン屋の店長・美々子を演じる。「美々子はパンが大好きで、パン屋さんになる夢が叶った女性。私も芸能界に憧れて、その夢が叶って今もこうして仕事をしています。好きな仕事に対する情熱を持っている所は似ています。それを大事に丁寧に演じました」と役柄を自身に重ねた。

 パン屋の店長ともあってパン作りにも挑んだ。「私が作っているところは注目して欲しくないかな…」と苦笑いを浮かべるが「美味しそうなパンが並ぶので見欲しいです」とアピールした。

 パン屋の新人アルバイトの薫を演じるのは飯島寛騎。美々子との恋の行方も気になるところだ。本仮屋は見どころとして、薫とパンの生地をこねるシーンをあげた。「監督としては官能的に見せたいと『ゴースト』超えを狙いました。私たちはこねることで精いっぱいでしたが、うまくいったと思います」と映画『ゴースト/ニューヨークの幻』の名シーンを目指したと明かし、飯島も「うまくいきました」と自信をのぞかせた。

 撮影は昨年の秋。新型コロナ禍で配信、放送に辿り着き感無量の4人。そのステイホーム期間中の過ごし方も明かされた。

 YouTubeチャンネルを開設した本仮屋は「うどんを作りました」。粉からこねて作ったというものの、水の配分を少し間違えただけでも「べちょべちょになったり、硬くなったりして」とその難しさを痛感。結果、出来上がるまでに2日を要したことを明かした。

 また、物語にちなんでキュンとしたエピソードも紹介。通販で購入したものを届ける宅配業者の男性がしていたトンボ柄の手作りマスクを見て「結婚指輪をしていたので奥さんの手作りかなと思ってキュンとしました。男性が可愛らしいマスクをしているギャップにキュンとしました」と語った。

 改めて「ドラマは最高、恋愛っていいな、パンっていいなって思ってもらえると思います。職業もののをストーリーとしても楽しめます。リラックスしてお家時間のともに見て下さったら嬉しい」と述べた。

 ドラマは、7月10日から、ひかりTV、dTVチャンネルで順次配信、7月13日から、カンテレ、メ~テレ、テレビ神奈川で順次放送が開始される。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)