東京パフォーマンスドール(TPD)が6月30日、自身初となる無観客配信ライブ『東京パフォーマンスドール ダンスサミット2020~NO LIVE, NO TPD.~』をSHOWROOMで開催した。

【撮影:Jumpei Yamada(J.Y.P.O.)、山田秀樹】

 オープニングで、日々の練習風景やライブ当日のリハーサルの様子を映した、撮り下ろしのドキュメンタリー映像が流れると、ステージは「Stay Gold」の激しいダンスと共に幕を開けた。白一色にコーディネートされた新衣装に身を包んだTPDは、高嶋菜七の「NO LIVE, NO TPD!」のMCに続けて、先代TPDから受け継がれる代表曲、「ダイヤモンドは傷つかない」を歌い上げた。

 息つく暇もなく、ハードでアップテンポな「純愛カオス」「HEART WAVES」では激しさをフィーチャーし、「SUPER DUPER」「SHINY LADY」ではガーリーな魅力を見せたTPDは、MCでカメラの向こうの視聴者に呼びかけながら、手元のタブレットに流れるコメントを読み上げるなど、配信ライブならではのコミュニケーションを交えつつ、ステージを展開した。

 そして今回初披露となったのが、ファンやメンバー、それぞれの「まなざし」をテーマにした新曲、「eyes」である。

 新生TPDの原点でもあるスタイリッシュさと、2020年のトレンドを兼ね備えたハイブリッドなダンスパフォーマンスが、グループ誕生30周年、そして新生TPD結成7周年を力強く印象付けた。

【撮影:Jumpei Yamada(J.Y.P.O.)、山田秀樹】

 そこからは立て続けに、TPDの真骨頂ともいえるノンストップのライブ、“ダンスサミット”スタイルで力強いパフォーマンスを連発。

 「SURVIVAL!!」での熱い煽り、「Are you with me??」でのタオルパフォーマンスでは、これが無観客ライブであることを忘れさせるほどの熱気がステージからほとばしった。

 最後にメンバーから「このライブを見ている皆さんに早く会えますように!」と熱い想いが届けられると、カラフルでダイナミックなライティングや躍動するカメラワークと共に魅了した、TPD初の無観客配信ライブは幕を閉じた。

【撮影:Jumpei Yamada(J.Y.P.O.)、山田秀樹】

セットリスト

東京パフォーマンスドール ダンスサミット2020~NO LIVE, NO TPD.~

6月30日 20時@SHOWROOM

01.Stay Gold
02.ダイヤモンドは傷つかない-Rearranged ver.-
03.純愛カオス
04.HERAT WAVES
05.SUPER DUPER
06.SHINY LADY
07.eyes
08.TRICK U
09.MY UNIVERSE
10.FREEDOM
11.TIME
12.SURVIVAL!!
13.Are you with me??
14.BRAND NEW STORY

ENCORE

EN-1.Starship Flight
EN-2.Hey,Girls!

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)