BTSがビルボードメインアルバムチャートで18週連続チャートインした。日本4thアルバムリード曲「Stay Gold」もビルボードチャートに入り、強力なグローバル人気を立証した。

 6月30日(アメリカ時間)アメリカ音楽専門媒体のビルボードが発表した最新チャート(7月4日付)によると、BTSが2月21日発売した韓国4thアルバム『MAP OF THE SOUL:7』は‘Billboard200’チャートで49位を獲得した。このアルバムは3月7日付チャートで1位で初登場した以来18週連続メインアルバムチャート上位をキープしている。

 さらに『MAP OF THE SOUL:7』は‘ワールドアルバム’チャート2位、‘インディペンデントアルバム’チャート及び‘テイストメーカーアルバム’チャート5位、‘トップアルバムセールス’チャート及び‘トップカレントアルバムセールス’チャート8位などに入った。

 『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』も‘Billboard200’チャートで124位を記録し、‘ワールドアルバム’チャート3位、‘インディペンデントアルバム’チャート15位など2018年8月発売以降絶え間なくチャートインしている。

 特に先月19日に先行配信した日本4thアルバム『MAP OF THE SOUL:7〜THE JOURNEY 〜』のリード曲「Stay Gold」が今週複数のチャートでいい実績を残した。‘バブリングアンダーホット100’チャート9位をはじめ、‘ワールドデジタルソングセールス’チャート1位、‘デジタルソングセールス’チャート6位、‘リリックファインドグローバルチャート’9位、‘カナディアンデジタルソングセールス’チャート15位を獲得した。

 さらに、5月22日SUGAがAgust D名義で発表した2ndミックステープ『D-2』も‘ワールドアルバム’チャートで8位を記録し、5週連続トップ10入りを果たし、リード曲「Daechwita」は‘ワールドデジタルソングセールス’チャートで先週より順位を上げて11位を記録した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)