コラボを実現させたゆきりん&ゆうなぁもぎおん(YouTubeより@ゆうなぁもぎおんチャンネル)

 “ゆきりん”と“ゆうなぁもぎおん”のコラボが実現した。6月30日、村山彩希、岡田奈々、茂木忍、向井地美音によるYouTubeチャンネル「ゆうなぁもぎおんチャンネル」に、柏木由紀が登場。同じくYouTubeにチャンネル「ゆきりんワールド」を構える“ゆきりん”との初コラボでゲーム実況に臨んだ。

 初コラボは午後10時、生配信で届けられた。新型コロナウイルス禍でリモート出演が続いていた村山彩希、岡田奈々、茂木忍、向井地美音が久しぶりに揃った。懐かしの“ゆうなぁもぎおん部屋”の写真を背景にスタート。笑顔たっぷりにいつものタイトルコール。そして、柏木が登場した。

 もともとゲームが好きだったという柏木。いつかはゲーム実況をやってみたいと思っていたそうだが「一人でゲーム配信は寂しいし心細い」「対決もしたい」と今回のコラボが実現した。

 今回のゲームは、スマホ向けRPG「コード:ドラゴンブラッド」。柏木曰く、近未来の世界観とストーリー性、ビジュアル、色使いが良く、その世界に入って楽しむことが出来ることや、乗り物、自由度が高い点が魅力だといい「アイドル的なところもできる。なんでもできるのがこのゲームの素晴らしいところ。自分の時間軸で楽しめる」と紹介した。

 実際に柏木が使用しているキャラクター“ゆきりんーー”を用いて実演。“ゆきりんーー”によるダンスも披露された。

 このなかで、いくつかの企画を展開。ホームシステムを使って理想の家づくりに挑戦するという企画では、ゆきりんとゆうなぁもぎおんで対決。あらかじめ購入した家に家具などを配置。制限時間10分でどちらが良いインテリアになっているかをファン投票で決めた。

 ほかにもハンググライダーを使ってその街を探索したりとその世界を楽しんだ5人。「またやってほしい」というファンの声に「第二弾も!」と含みを持たせていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)