木村拓哉

 木村拓哉が29日、テレビ朝日系『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間SP』に出演。ソロ歌手として活動を始めているが、SMAP解散後は「もう1度ステージに立つとは思ってなかった」と心境を明かす場面があった。

 3月に収録されていた同番組の人気コーナー「帰れま10」。同局系で放送されている連続ドラマ『BG~身辺警護人~』に出演する木村や斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗がゲスト出演した。

 その中で、お笑いコンビのミキから、「ソロツアーされてるじゃないですか。グループとの違いって?」と質問された。木村は現在、“ソロ歌手”としての活動をスタートさせている。

 この質問に木村は「ガチだね」と受け止めつつ、ソロツアーは「頭から、オープニングからケツまで、自分以外、歌っている人はいないので、それは初でしたね」とし、「初めてノドのケアをしました。今までは適当…」と苦笑い。

 その上で、「解散してからは」とSMAP解散後について触れ、「もう1度ステージに立つとは思ってなかったので、ちょっと拒否ってたんです」と本音を明かした。

 そして、「アーティストの皆さんが、『なんでもう1回やらないの?』っていう言葉に対しては、そういうタイミングがあればそうします」とし、「受け流せなくなったタイミングは今回だったかな」とし、ソロ歌手として始動する経緯について語っていた。

 また、斎藤は木村のライブを観賞しに訪れていたといい、「ドラマの主題歌を木村さんが歌うパートがありまして」と振り返り、「本当に僕も胸が熱くなって」と語った。

 木村が歌唱したのは『あすなろ白書』の主題歌「TRUE LOVE」、『若者のすべて』の主題歌「Tomorrow never knows」だったとのことで、タカアンドトシらスタジオはその豪華さに大盛り上がりだった。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)