サザンオールスターズが6月25日、横浜アリーナで配信ライブ『サザンオールスターズ 特別ライブ2020「Keep Smilin'~皆さん、ありがとうございます!!~」』を開催した。本公演は、サザンオールスターズからの“感謝”のライブ。常日頃応援してくれているファンへの感謝はもちろんのこと、身近のライブスタッフたちへの感謝の気持ちを表したライブであり、実際、コロナ禍で困難を極めているライブスタッフにとっては今回の特別ライブがこの上ない力になっている。また、通常のライブと同規模会場で実施することでエンタメ業界を盛り上げたいという意図も込められている。推定視聴者50万人を超えるなか披露された、サザンオールスターズデビュー42周年を迎えるこの日のライブの模様をレポートする。【取材=平吉賢治】

苦境にあるエンタメ界に希望の灯を、復興の狼煙をあげる

サザンオールスターズ(撮影=岸田哲平)


 
 本公演は、新型コロナウィルスの影響により、大変な苦境にあるエンタメ業界に希望の灯を灯せないかと桑田佳祐自ら発案し、開催することになった。

 このライブには、新型コロナウイルスの影響でまだまだ生活に不自由が続く中、医療をはじめとするエッセンシャルワーカーの方々や、今なおこの困難な状況を乗り越えるために尽力している人達への“感謝”の気持ちも込められている。ライブの収益は一部、アミューズ募金を通じて、新型コロナウイルス感染症の治療や研究開発等をはじめとする医療機関に役立てられる。

 「いつも心に音楽を」、「音楽を通じてみなさんが笑顔でいられますように」というサザンの想いが、無観客での配信ライブというかたちで実現。まさにコロナ禍で大打撃を受けたエンタメの新たな形を提示し、エンタメ界復興の狼煙をあげる形となった。

サザン初の無観客ライブで新鮮な興奮を

サザンオールスターズ(撮影=岸田哲平)

 無観客の横浜アリーナでおこなわれた配信ライブ1曲目を飾るのは「YOU」。ブルーの照明に包まれ、原由子(Key/Vo)の奏でる鍵盤の音色が輝き、関口和之(Ba)が刻む8ビートが走り出す。桑田佳祐(Vo/Gt)はテレキャスターギターを構え、笑顔をのぞかせながら温かく、頼もしいボーカルを響かせた。

 一気にアンサンブルの広がりを見せ、続く「ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)」へ。色彩をカラフルに変化させるレーザー光線が上下に刺し、ミラーボールに美しく反射させた。会場には40台にもおよぶカメラが設置され、通常観客が入っていては配置することができないカメラの絵作りにより、視聴者に新鮮な興奮を届けた。

 4つ打ちビートと共にメンバーがクラップで盛り上げる「希望の轍」では、ラストのサビの前のバースで桑田は歌詞を<大変な毎日をご苦労様 今日は楽しく行きましょう>と変えて歌うという粋なアプローチを見せ、コロナ禍で闘う全ての人にねぎらいの言葉とエネルギーを注いでくれた。

 MCで桑田は「アリーナ! スタンド!」「画面越しの皆様!」と、会場、視聴者にシャウトを放ち、投げキッスでみんなに愛を注ぐ。「みんなの、そしてスタッフのおかげ様でサザン、今日デビュー42周年でございます!」と、高らかに宣言すると共に感謝と敬意の気持ちを述べた。そして、無観客ライブは初めてだが、みんながいるから大丈夫という気持ちを伝えつつ、「姿は見えないけど、みなさんの魂がここにあります」と、温かい言葉。

 MC開けからはサザンファン垂涎の80年代の楽曲が続々と披露された。「Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)」のムーディーな空気感から「フリフリ’65」の陽気なロックサウンドへ続き、シャッフルビートが体を、心を踊らせる「朝方ムーンライト」、妖艶な鍵盤のアンサンブルからブルージーに響かせた「タバコ・ロードにセクシーばあちゃん」。バックスクリーンに雄大な海の映像が広がった「海」、広がる清涼感は「夕陽に別れを告げて〜メリーゴーランド」のノスタルジックなグルーヴに引き継がれ、「シャ・ラ・ラ」では桑田と原とのデュエットを披露。この曲では「早くまたみなさんにお逢いできますように」というメッセージが映し出され、元通りのライブができるようにという願いが込められた。

サザンならではのエンターテインメントの“粋”

サザンオールスターズ(撮影=岸田哲平)

 さすがの風格とテンションでバッチリとテンションを上げ続けるサザン。「天井棧敷の怪人」ではダンサーが加わり、ボルテージをさらなる領域まで持ち上げた。和服で舞うダンサーが美麗にステージを映えさせた「愛と欲望の日々」ではステージ全面で炎がたちこめる熱い演出と共にライブ熱をますます上昇させる。

 そして客席に付けられたライトが一斉に暖色を放つと「真夏の果実」のイントロが優しく響く。情念たっぷりに歌う桑田のボーカル、原とのハーモニーが眩く煌めいた。ステージにいるメンバー一斉のコーラスから始まった「東京VICTORY」から感じられるのは前向きな未来への希望だった。会場スタッフとメンバーと共に、右手をあげて力強いコーラスを響かせる姿があらゆる角度からカメラで映し出され、画面越しに臨場感をたっぷり味わわせてくれる。

 野沢秀行(Per)の陽気で軽快なプレイと関口のリズミックで渋いベースラインが絶好に絡む「匂艶(にじいろ)THE NIGHT CLUB」で大人な空気感を醸し出し、その流れからインタールードを挟み「エロティカ・セブン EROTICA SEVEN」へ突入。レーザー光線が眩く交差し、色気あふれる女性ダンサーの舞いと共に、迫り来る“サザンアンサンブル”が弾けた。

 そして激しく燃え盛るテンションのまま「マンピーのG★SPOT」の強烈なギターリフが轟き、松田弘(Dr)のパワフルなビートと共にロックサウンドが大噴出。この曲では桑田はお決まりのヅラを被りつつ灼熱のボーカルを放ち、水着ダンサーは「G」と書かれたマスクを着用。ソーシャルディスタンスをキープしつつのパフォーマンスと、コロナ対策を意識した演出も魅せた。桑田は「悪霊退散!」と、カメラ目線でお祓いのパフォーマンスも。なお、桑田が被るヅラにはこのコロナ禍におけるメッセージとして「疫病退散!!」の文字も書かれていた。

 本編最終曲目を前に桑田は「42年前のデビュー曲をお聴きください!」とコールし、42年前の6月25日にリリースしたデビュー曲「勝手にシンドバッド」を披露。無観客の客席にはサンバダンサー、スタッフも混じり景気よくダンスを見せるというお祭り状態に。曲の2番では「いつになればコロナが 終息するのかな!? お互いにそれまでは グッと我慢の暮らし続けましょう!」と、歌詞を変えて歌い、改めてコロナ禍における結束を呼びかける一幕も。サザンオールスターズだからこそできるエンターテインメントの“粋”を魅せつつ、本編の幕を閉じた後は、客席には「Keep Smilin’」と、光で描かれた光景を見せた。

 アンコールを前に桑田は改めて42周年を迎えたことに対し感謝の言葉を述べ、コロナ禍が早く終息することを願い、「それまではみなさまも是非、Keep Smilin’!」とメッセージを伝えた。そしてハイテンションで「太陽は罪な奴」のパフォーマンスを披露し、続く「ロックンロール・スーパーマン~Rock'n Roll Superman~」では、ステージ上のスクリーンに、このライブを開催するにあたり細心の注意を払いながら成功に向けて全力で自身の仕事に取り組むスタッフ一人ひとりの姿が映し出された。

サザンオールスターズ(撮影=岸田哲平)

 そして、感謝の気持ちを歌詞にしたOvertureを歌い上げると、本公演最終曲目「みんなのうた」へ。熱く、優しく、激しいアンサンブルと共に、サザンメンバー、サポートミュージシャン含むステージ上にいる全員が本公演フィナーレにふさわしい輝きを見せた。サザン、演者、ファン、スタッフ、全員が一つとなって今回のライブを作り上げたということを表現したライブの流れだった。それは、このライブがタイトル通り“特別”なものであることを心底受け止めることができた。そして、「Keep Smilin’」と銘打つ通り、我々をとびきり笑顔にさせてくれた。

セットリスト

『サザンオールスターズ 特別ライブ2020「Keep Smilin'~皆さん、ありがとうございます!!~」』
2020年6月25日@横浜アリーナ(配信ライブ)

01.YOU
02.ミス・ブランニュー・デイ(MISS BRAND-NEW DAY)
03.希望の轍
04.Big Star Blues(ビッグスターの悲劇)
05.フリフリ’65
06.朝方ムーンライト
07.タバコ・ロードにセクシーばあちゃん
08.海
09夕陽に別れを告げて〜メリーゴーランド
10.シャ・ラ・ラ
11.天井棧敷の怪人
12.愛と欲望の日々
13. Bye Bye My Love(U are the one)
14.真夏の果実
15.東京VICTORY
16.匂艶(にじいろ)THE NIGHT CLUB
17.エロティカ・セブン EROTICA SEVEN
18.マンピーのG★SPOT
19.勝手にシンドバッド

ENCORE

EN1.太陽は罪な奴
EN2.ロックンロール・スーパーマン~Rock'n Roll Superman~
EN3.みんなのうた

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)