マカロニえんぴつが6月26日に、「青春と一瞬(Strings ver.)From THE FIRST TAKE」と「hope From THE FIRST TAKE」の音源配信が決定した。

「THE FIRST TAKE」の音源配信は、4月29日にDISH//(北村匠海)「猫」の映像を音源化した「猫~THE FIRST TAKE ver.~」が配信され、LINE MUSICで1位を獲得し、総ストリーミング再生数が配信開始からたった一ヶ月半で1000万回を達成、さらに2018年に配信したオリジナルの「猫」も総再生3000万回を突破するなど、各サブスクリプション配信サービスで大ヒットを記録している。

 今若者に絶大な人気を誇るバンド・マカロニえんぴつは、昨年全国の夏フェスに出演し各地入場規制を記録、ワンマン公演は全箇所が即日完売し、今もっともチケットが取れないバンドとなっている。

 2020年4月には約2年半ぶりとなるフルアルバム「hope」をリリースし、オリコンウィークリー総合では4位を記録。「青春と一瞬(Strings ver.)From THE FIRST TAKE」「hope From THE FIRST TAKE」は、「THE FIRST TAKE」で今年4月に、新学期や新年度など、新しいスタートを迎えるすべての人々に向けて動画が公開された。

マカロニえんぴつ「青春と一瞬」

 「青春と一瞬(Strings ver.)」は、公開された直後から、「今このときにこの曲を聴くことができて良かった」「普段過ごすはずだった時間がこういう形で時間が過ぎていく現実に涙が出てきた」など、絶賛の声が相次いだ。

 次いで公開された「hope」も、ボーカル・はっとりのエモーショナルな歌声はもちろん、4人での魂のこもったパフォーマンスに、「メンバーが生き生きしている」「何回も聴いたのに、また涙が出てくる」などの反響が寄せられた。

 映像のなかでの臨場感さながら、アーティストの緊張感や渾身のパフォーマンスを感じられる音源になっている

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)