BTSの『MAP OF THE SOUL:7』と『LOVE YOURSELF結 ‘Answer’』の2アルバムがビルボードメインアルバムチャートで同時に順位が再上昇した。

 23日(アメリカ時間)アメリカ音楽専門媒体のビルボードが発表した最新チャート(6月27日付)によると、BTSが2月21日発売した韓国4thアルバム『MAP OF THE SOUL:7』はBillboard200チャートで44位を獲得した。

 これは先週の順位(64位)で20ランク上昇した記録で、3月7日Billboard200チャートで1位にチャートインした以降17週連続上位に入った。

 2018年8月発売した『LOVE YOURSELF結 ‘Answer’』も‘Billboard200’チャートで81ランクアップし、117位を記録する底力を見せた。

 5月22日SUGAがAgust D名義で発表した2ndミックステープ『D-2』は‘ワールドアルバム’チャートで7位で4週目TOP10入りをし、リード曲「Daechwita」は‘ワールドデジタルソングセールス’チャートで12位を記録した。

 また、BTSは今まで発表したアルバムで多数のチャートで最上位を多数獲得した。

 『MAP OF THE SOUL:7』は‘ワールドアルバム’チャート2位をはじめ、‘テイストメーカーアルバム’チャート3位、‘トップアルバムセールス’チャート及び‘トップカレントアルバムセールス’チャート、‘インディペンデントアルバム’チャート4位などを獲得し、『LOVE YOURSELF 結 ‘Answer’』は‘ワールドアルバム’チャート3位、‘インディペンデントアルバム’チャート及び‘テイストメーカーアルバム’チャート15位、‘トップアルバムセールス’チャート18位などに入った。

 昨年4月発売した『MAP OF THE SOUL:PERSONA』は‘ワールドアルバム’チャート4位と‘テイストメーカーアルバム’チャート8位、‘トップカレントアルバムセールス’チャート14位、‘トップアルバムセールス’チャート19位をそれぞれ記録した。

 他にも『YOU NEVER WALK ALONE』『LOVE YOURSELF承‘Her’』『LOVE YOURSELF轉‘Tear’』『BTS WORLD OST』など今まで発売したアルバムとトラックが各チャートにランクインし、全世界ファンの変わらない支持を得ている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)