「会いたかった」を歌いきる企画に挑戦した岡田奈々と茂木忍、そして村山彩希と向井地美音(YouTubeより@ゆうなぁもぎおんチャンネル)

 岡田奈々と茂木忍が、村山彩希と向井地美音とのフリートーク中に、2人に気づかれずにAKB48の楽曲「会いたかった」を歌いきる企画に挑戦した。YouTubeチャンネル「ゆうなぁもぎおんチャンネル」の最新動画で実施した。

 今回の企画では、岡田と茂木の“なぁもぎ”が村山と向井地にドッキリを仕掛けた。フリートークのなかで、AKB48の楽曲「会いたかった」の歌詞を織り交ぜて気づかれずに“歌いきる”ことができるかという企画。4人の会話のなかであまり使われないフレーズをいかに不自然なく挟むかがポイントだ。

 茂木は「どこまで私たちは歌るのでしょうか。攻めていきましょう!」、岡田も「全力を尽くします!」と気合十分で臨んだ。

 新型コロナ禍で外出自粛という観点から今回もリモート収録。いつも通り、タイトルコールを行う4人。「会いたかった!」と言い合うなかで、仕掛け人ではない村山がまさかの「会いたかった!」とサビのワンフレーズを歌う奇跡を見せた。

 サビから始まる歌い出しは無難にクリアしていくが、Aメロにある「自電車」「全力でペダル」「漕ぎながら」を、岡田が「自電車を漕いで会いに行こうかと思った」と語って果敢に攻めていく。ギリギリのラインを狙った岡田だが、「自電車で?」と首をかしげる村山と向井地。そんな状態に茂木が「漕ぎまくってさあ、ペダルを」とフォローを入れ、なんとか連係プレーで乗り切った。

 その後、話題を変えるように向井地が岡田奈々の髪色が「可愛い」と称賛するも、またもや岡田。歌詞にある「坂を登る」というフレーズに絡めて「坂を登っちゃったよね」と勢いに任せて“突進”。案の定、向井地「坂登った?」、村山「坂を登っちゃった?」と頭上に疑問符を浮かべていた。

 序盤は岡田の猛進に、茂木が援護する展開だったが、その茂木は男装企画をやりたいという話題からそのストーリー案を話すなかで、不自然なく歌詞を入れていく頭脳戦に持ち込んだ。どんどんクリアしていき、岡田もそれに乗って加速させていった。

 果たして気づかれることなく、歌いきることが出来るのか。

 今回、動画概要欄を担当した向井地は「今回は初めての雑談フリートーク企画! と思っていた時期が私にもありました。まさかなぁもぎに嵌められるとは、、、、、」と回顧。また、企画案として話題にあがっていた「男装企画」を見たいと明かしていた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)