BiSが6月20日に、無観客ワンマンライブ「HEART-SHAPED BiS IT'S TOO LATE EDiTiON NO AUDiENCE LiVE」を開催し、6月17日にゲリラリリースしたばかりの新曲「CURTAiN CALL」を含む、第3期BiSの全楽曲30曲をMCなしのノンストップでパフォーマンスした。

BiS(撮影=sotobayashi kenta)

 今回のワンマンライブは、コロナ禍で延期を余儀なくされている全国ツアー「HEART-SHAPED BiS TOUR 1st season」に先駆けて開催され、無観客でのライブをニコニコ生放送で生配信した。

 若干押して開演時間を迎えると、メンバーのオフトーク的なオープニング映像が映し出されライブへの期待感を高めていき、突然、重厚なベース音が響き渡り、約3ヶ月振りのライブが新曲「DESTROY」から幕を明ける。

 5月20日に”インターネット上のどこかのオンラインショップ”でゲリラリリースし、販売開始1時間で完売した新曲「DESTROY」の初披露で一気にメンバーのテンションが弾け、冒頭からフルスロットルで走り始める。

 そこから「KiSS MY ASS」「FOR ME」「SURRENDER」「テレフォン」と3期BiSが誇る圧倒的ロックナンバーを立て続けに繰り出し、まさに"ロック"を体現するかのように熱い空間を醸成していく。

BiS(撮影=sotobayashi kenta)

 山田健人によるVJとコラボした「DEAD or A LiME」を挟み4月に無料公開した新曲「IT'S TOO LATE」を初投下する。「IT'S TOO LATE」は、コロナ禍における心情を歌詞に込めた楽曲で今までの鬱積を発散させるかのように感情を爆発させ熱いパフォーマンスを見せる。

 そこから、BiSの魅力となっている幅広い曲調の楽曲をBiSメンバーの様々な表情でステージを彩りながらライブのボルテージを高まっていく。

 ライブ中盤にパフォーマンスした「STUPiD」「LET'S GO どうも」ではメンバーがステージからフロアに飛び出し、会場全体を使ったパフォーマンスでライブに緩急を加え、名物となっている「thousand crickets」のスクワットでは、活動自粛期間に培われたメンバー同士の絆を確かめるかのようにメンバーが顔を合わせながら懸命にスクワットする姿が強い印象を残した。

 山田健人による映像エフェクトとBiSの迫力のパフォーマンスがシンクロし、新たなロックの可能性を提示し「FUCKiNG OUT」を始め「this is not a love song」「kAsAbutA」など研究員の支持が熱いバラエティに富んだ楽曲をライブ終盤にもかかわらず4人のボーカルはさらに冴え渡りエモーショナルに歌い上げていく。

 「absolutely meeeeee!!」の終わりでは、トギーが"きゅうり一本"を食べきるというシュールな演出でライブに華を添えた。

BiS(撮影=sotobayashi kenta)

 ライブのフィナーレに近づいた「BASKET BOX」のアウトロでは、「最初はコロナに怒ってました。なんで!? なんでライブできないのか!? って。今はインターネットだけど、たくさんの人が準備してくれて、今、歌ってて、研究員のみんなも見てくれてて。今伝えたいことはひとつです。本当にありがとうございます!」とチャントモンキーが、自身の素直な想いを込めたメッセージを視聴者に届けた。

 続いての「BiS-どうやらゾンビのおでまし-」で大円団を迎えたと思わせたところで、6月17日にゲリラリリースした新曲「CURTAiN CALL」を初パフォーマンスし、ライブのフィナーレを迎えた。

 MCなしのノンストップでの30曲連続パフォーマンスとも規格外とも言えるパフォーマンスを魅せたBiS。BiSがこれから創っていく伝説の序章とも言えるライブを完遂した彼女たちの動向から目が話せない。

セットリスト

無観客ワンマンライブ「HEART-SHAPED BiS IT'S TOO LATE EDiTiON NO AUDiENCE LiVE」

01.DESTROY
02.KiSS MY ASS
03.FOR ME
04.SURRENDER
05.テレフォン
06.DEAD or A LiME
07.IT'S TOO LATE
08.少年の歌
09.LOVELY LOVELY
10.ナンデスカ?
11.LAUGH AT ME
12.STUPiD
13.LET'S GO どうも
14.thousand crickets
15.FUCKiNG OUT
16.BiS3
17.1,2,3!!!
18.this is not a love song
19.teacher teacher teacher
20.absolutly meeeeee!!
21.strawberry girl
22.kAsAbutA
23.TRAP
24.Good Bye
25.SPiLLED MiLK
26.リフレイン
27.FOOL PROOF
28.BASKET BOX
29.BiS-どうやらゾンビのおでまし-
30.CURTAiN CALL

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)