きゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」が18日、世界的セレブDJ「スティーヴ・アオキ」がリミックスし、6月25日(日本時間)に全世界リリースされることが発表された。

スティーヴ・アオキ

 2013年にTVCMをきっかけに大ヒット、2016年には映画「ミニオンズ」や「ペット」で知られるイルミネーション・エンターテインメントが制作した映画「SING/シング」での起用、そして2019年にはキアヌ・リーヴス主演のハリウッド映画「ジョン・ウィック:パラベラム」の挿入歌で起用されるなど、世界的人気を誇るきゃりーぱみゅぱみゅの「にんじゃりばんばん」を、世界的セレブDJ「スティーヴ・アオキ」がリミックスし、6月25日(日本時間)に全世界リリースされることが発表された。

 これは、同じく6月25日に全世界発売されるNintendo Switch用対戦ニンジャガムアクションゲーム「ニンジャラ」とのコラボレーションによって実現したもので、18日きゃりーがゲスト出演した「ニンジャラ」公式生配信内で発表された。

 グローバルゲームタイトルの「ニンジャラ」と世界中にファンを持つきゃりーとのコラボにあたり、兼ねてからきゃりーとプロデューサー中田ヤスタカの大ファンであることを公言し、自身もe-sportsチームを持つなどゲームに造詣の深い世界的セレブDJ「スティーヴ・アオキ」氏にリミックスを依頼。スティーヴ氏の快諾により、今回の最強タッグが実現した。

 なおこの「にんじゃりばんばん Steve Aoki Remix」は、アメリカ大陸では「スティーヴ・アオキ」氏のレーベル「Dim Mak」から、ヨーロッパでは世界最高峰のビッグフェス「Tomorrowland」でホストを務める有力レーベルの1つ「Smash the House」からリリースされることになり、早くも世界中の音楽ファン・ゲームファンから注目を集めている。

 さらに18日、ジャケットのアートワークも公開された。イラストで表現された、きゃりーとスティーヴ氏のガッチリとした握手と絡み合う腕、そして力強い眼差しから、今回のタッグへの自信が伝わってくるようだ。このアートワークは、原曲「にんじゃりばんばん」をはじめ、多くのきゃりーの作品のジャケットを手掛けてきたSteve Nakamura氏によるものとなっている。

「にんじゃりばんばん Steve Aoki Remix」ジャケ写

 なお同曲は、6月24日(日本時間)から「ニンジャラ」公式YouTubeチャンネルで公開予定のカートゥーンアニメーションのエンディングテーマ、そして6月25日から全国オンエアスタートとなる「ニンジャラ」のTVCMソングにも起用される。さらに今後、ゲーム内でのコラボレーションも予定されており、要注目となっている。

きゃりーぱみゅぱみゅコメント

 私が7年前にリリースした「にんじゃりばんばん」を、世界的DJのスティーヴ・アオキさんがリミックスしてくれました! 新型コロナウィルスの影響で国内外のライブが中止になってとても残念だったんですが、こうやって「ニンジャラ」と一緒に世界中の皆さんに、改めて私の音楽を楽しんでもらえるのがとても嬉しいです。「ニンジャラ」のCMやカートゥーンアニメでも流れるので、ぜひ楽しみにしていてください!

作品情報

タイトル:にんじゃりばんばん Steve Aoki Remix
(英語表記:Ninja Re Bang Bang Steve Aoki Remix)
発売日:6月25日(アメリカ大陸、ヨーロッパは現地時間6月24日)
発売元:ASOBIMUSIC(アメリカ大陸:Dim Mak、ヨーロッパ:Smash the House)

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)