城田優が18日、今秋にリリースを予定しているJ-POPカバーアルバム『Mariage』の発売に先駆け、平井堅『even if』のカバーを6月19日0時より先行配信することを発表した。

 『even if』は城田優が15歳の頃からカラオケでよく歌ってきた楽曲で、当時は歌詞の意味やシチュエーションもあまり理解できず歌っていたものの今回カバーするにあたり、城田優が34歳になった今、様々な経験を重ねた上で、改めて歌詞の意味を考えながら歌詞の世界にも出てくる「お酒の酔いに任せて本音が出てくる…」そんな感情と物語の流れをきちんと表現するため一発録りでレコーディング行い、ミュージカルの経験から学んできたものも大きく生かされたカバーとなっている。

 リリースを控えるカバーアルバム『Mariage』は、現在制作中とのこと。

 今年11月にはミュージカル「NINE」に出演が決定、公開が延期となっていたディズニー&ピクサー映画最新作『2分の1の魔法』は8月21日公開予定(吹き替えキャスト出演)、12月公開予定の映画「新解釈・三國志」への出演も決定しているなど多岐にわたる活動を控えている。

城田優コメント

 マリアージュという言葉は、フランス料理に例えると、料理とワインの相性が良い場合等に用いられている言葉で、今回この作品に当てはめた時に、みなさんが一度は聞いたことがあるであろう曲や、意外と知られていない隠れた名曲を、城田優×〇〇といった、僕、そしてクリエイターの方たちと共に、2020年だからこそできる新しいアレンジや、原曲とは違ったアプローチで魅力を伝えることができたらなという思いからこのタイトルを付けました。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)