松井愛莉

 松井愛莉、八木将康(劇団EXILE)、水野勝(BOYS AND MEN)、秋沢健太朗、橋本マナミ、渡辺裕之、藤原紀香、篠原哲雄監督が17日、都内で行われた映画『癒しのこころみ~自分を好きになる方法~』(7月3日公開)完成披露試写会に出席した。

 一人の新米セラピストが様々な人と出会い成長しながら自分が癒され、そして人を癒していくヒューマンドラマ。主人公のセラピスト・一之瀬里奈を演じた松井愛莉は本作が映画初主演となる。登壇するギリギリまで「緊張していました」という松井。共演者が取材を受ける姿を見て「『映画が完成したんだな』と嬉しい気持ちと言いますか、不思議な気持ちになりました」と感慨に触れた。

 劇中では、八木将康演じる元野球選手・碓氷隼人のトラウマを克服するために施術を行うシーンがある。撮影に入る前に“実習”する時間があったようで、受けた八木は「何も感じなくて…全然気持ち良くなくて大丈夫かなと思いました」といたずらっぽく言いながらも「撮影に入って役と一緒に成長されて癒されました」と太鼓判を押した。

 その松井は「施術シーンは大変でした。タオルのかけ方や力を入れ方などもあって。八木さんは体が大きいので力を使いました」と振り返った。

 また、物語にちなんで外出自粛期間中に「癒されたもの」を明かすことになり、事前に書いたボードを披露。「植物栽培」と書いた松井は「植物栽培を始めました。緑が好きなので癒しが欲しいなと思って。サンショウやパセリ、大葉、オリーブ、最近はラベンダーの種を植えてその芽が出てきて嬉しい。自分が育てた葉っぱを食べるのはすごく幸せ。香りも採り立てなので良いですよ」と笑んだ。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)