女性6人組アイドルグループのマジカル・パンチライン(マジパン)が14日、生配信ライブ『MAGiCAL PUNCHLiNE Remote Live Express〜LiVE TOGETHER! Vol.0〜』をおこなった。本公演は生配信ツール「Thumva(サムバ)」を使用した、マジパン初のリモートライブ。約4カ月ぶりとなったライブで新たなスタイルを提示した本公演では、エネルギッシュなパフォーマンスで視聴者を魅了。そして、今後のライブの予定についてのアナウンスも。マジパン初の試みとなった生配信ライブの模様をレポートする。【取材=平吉賢治】

マジパン初の新たな公演スタイル

マジカル・パンチライン(撮影=名和洋祐)

 配信開始前、チャット画面からはマジパン初リモートライブへの期待のコメントであふれていた。ライブSEが流れるとメンバー6人は前列後列3人ずつのフォーメーションから「マジカル・スーパーマーケット」を披露。

 メジャー1stフルアルバム『MAGiCAL SUPERMARKET』表題曲からのライブスタートは、「スーパーマーケットのように何でも揃っているからこそ、その願いを叶えることができるというコンセプトになっています」と、インタビューで語ったマジパンの言葉を思い出させてくれた。自粛期間という特殊な状態でも「ライブが観たい」という願いを叶えてくれたのだ。

 薄色のピンクを基調とした衣装に身を包んだ各メンバーは、カメラに目線を寄せながらのパフォーマンスというリモートライブならではのアプローチを見せつつ、「Melty Kiss」ではロックサウンドにキュートな振りを交え笑顔を光らせる。そして「Alright」での「画面越しにペンライトを振ってください!」というマジパンからのコールに対し、チャットでは一斉に反応が起きるというコール&レスポンスを起こした。

各メンバー“おうち時間”の過ごし方

 MCで各メンバーは、約4カ月ぶりとなったライブの感覚を噛みしめながら興奮気味にトークを繰り広げた。改めて自己紹介をしつつ、各々が最近“おうち時間で一番ハマったもの”を紹介してくれた。

 清水ひまわりはリモートコミュニケーションツールのZoomの画面を紹介。「友達とビデオ通話するのが凄い楽しいということに気づいた」という。沖口優奈から「今度マジパンでも(Zoomで)メイクしながらお喋りしようよ!」と、提案されるも「それはただの楽屋だと思う」と即座に突っ込まれる場面も。4カ月ぶりのライブだが、メンバー間のコンビネーションはバッチリだ。

 吉澤悠華は今ハマっているゲームの画面を表示し、いかにそのゲームが面白いかという点を熱弁。「会えないけどネット上で会える」と、その魅力を紹介した。そして浅野杏奈は「ネットでポチった」という漫画『名探偵コナン』を紹介し、「寝る時間を削って読んでいる」と、その没頭ぶりを興奮気味に語った。

 小山リーナからは美味しそうな“おうちごはん”の画面が紹介された。「最近ずっとごはんを朝昼晩作っている」と、おしゃれなパスタやグリルの詳細を説明。吉田優良里が最近ハマっているのはアイス。「コンビニに行ったら3個くらい買っている」と、アイスを食べる写真と共にあふれんばかりのアイスへの愛情を語り、「食べ過ぎてアイスの天才になりました」と表現した。

 そして沖口はタブレット端末に描かれた人物像を見せてくれた。沖口は最近イラストにハマっており、様々な絵を描いているという。小さく描かれたイラストを見たメンバーから「なんでもっと大きく描かないの?」と疑問の声があがると沖口は「大きく描いたらバランスがとれへんの!」と苦笑いを見せるも、紹介されたイラストはとてもキュートなタッチ。メンバーとチャットからも「かわいい」と、好評のコメントが寄せられた。

 メンバーそれぞれの自粛期間中の過ごし方の話題をシェアし、再びライブへ突入。壮大な空気感のイントロからの「今日がまだ蒼くても」が始まるとブルーのライトに照らされたマジパンは一瞬で“ライブモード”のスイッチが入り、キレのあるパフォーマンスを展開させた。

今後も開催されるマジパンリモートライブ

マジカル・パンチライン(撮影=名和洋祐)

 アクティブな動きが映える「名もなきヒーロー」、笑顔でクラップを刻みハッピーな空気感を放つ「これから、私!」と、テンポよくライブを進行させるマジパンからは、生ライブさながらの熱気が画面越しに伝わってきた。

 そしてここでマジパンから告知。リモートライブ『MAGiCAL PUNCHLiNE Remote Live Express〜LiVE TOGETHER! Vol.0〜』は、“Vol.0”の今回で終わりではなく、今後の公演として月1回のペースでおこなわれることが発表された。7月24日に“Vol.1”を、8月15日に“Vol.2”を、9月26日に“Vol.3”と、3公演開催決定という詳細をアナウンス。「リモートライブを試行錯誤しつつ、より違ったものを今後見せて行けたらなと思っております」と、沖口が視聴者へ意気込みを伝えると、チャットから歓喜のコメントが連なった。

 「ライブもラストスパート――ここから激アツな、熱々な曲をやらせて頂きます!」と、ライブ終盤へ向かった。激しいギターサウンドにマジパンの一斉ボーカルが交わる「もう一度」、そして最終曲目「ONE」でのエネルギッシュなパフォーマンスで視聴者を魅了し、マジパン初のリモートライブは幕を閉じた。

 告知された次回以降の『MAGiCAL PUNCHLiNE Remote Live Express』ではどんな展開、演出、パフォーマンスで魅せてくれるのか、期待に胸がふくらむばかりだ。

セットリスト

『MAGiCAL PUNCHLiNE Remote Live Express〜LiVE TOGETHER! Vol.0〜』

2020年6月14日@表参道Future SEVEN(会場より生配信)

01.マジカル・スーパーマーケット
02.Melty Kiss
03.マジ☆マジ☆ランデブー
04.Alright
05.今日がまだ蒼くても
06.名もなきヒーロー
07.これから、私!
08.もう一度
09.ONE

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)