BTSが16日(アメリカ時間)、ビルボードメインアルバムチャートでチャート再上昇とともに16週連続上位に入った。アメリカ音楽専門媒体ビルボードが発表した最新チャート(6月20日付)によると、BTSが2月21日発売した『MAP OF THE SOUL:7』はBillboard200チャートで64位を獲得した。

 これは先週の74位から10位上がった記録で、3月7日付チャートで1位で初登場して以降16週目メインアルバムチャートで人気を誇っている。

 『MAP OF THE SOUL:7』はワールドアルバムチャート1位をはじめ、トップアルバムセールスチャート及びトップカレントアルバムチャート6位、インディペンデントアルバムチャート8位、テイストメーカーアルバムチャート13位などを記録した。

 2018年8月発売された『LOVE YOURSELF 結 Answer』もBillboard200チャートで198位に再度チャートイン。

 5月22日SUGAがAgust D名義で発表した2ndミックステープ『D-2』もワールドアルバムチャートで5位になり、3週連続最上位圏で、リード曲「Daechwita」はワールドデジタルソングセールスチャートで7位を記録した。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)