MIYAVIが15日、バーチャルプロジェクト“MIYAVI Virtual”第三弾として、全編USプロジェクトチームにより制作し、ヴォリュメトリックキャプチャを使用した3D映像となる「Need for Speed」ミュージックビデオ公開した。(※ヴォリュメトリックキャプチャとは複数台のカメラを用いて空間を3次元的に取り込むことで、今まで出来なかったカメラワークや物理制約を受けない映像表現を可能にしている)

MIYAVI

 そして、6月27日には、Virtual LIVEの続編として、「MIYAVI Virtual LIVE-Level2.0」を開催することが発表された。バンドスタイルでの演奏と新たなカメラワークにチャレンジする等、今後の配信スタイルにとっても影響を及ぼす画期的な試みを予定している。詳細は後日発表する予定。

MIYAVIコメント

 「Need for Speed」ミュージックビデオ、ついに完成しました。コロナの影響により、アメリカへ飛べなかったので、東京で撮影したデータをアメリカへ転送し、USクリエイティヴチーム制作指揮のもと作成しました。ヴォルメトリックキャプチャにより、自由度の高いカメラワークとMIYAVI Virtualの世界観、映像の疾走感も感じてもらえると嬉しいです。後半から出てくる仮想・BMWに乗るMIYAVIも要チェックです。

 そして、バーチャルライヴLevel2.0、発動します。インスタグラムでのファミリーライヴに続き、バーチャルライヴLevel1.0では、自宅スタジオから、日本、アメリカ、ヨーロッパ、そして中国への配信にチャレンジしました。そして今回、バンド編成に加え、少しだけ新たな試みにも挑戦したいと思っています。10年以上前に海外ツアーをやり始めた時の感覚と似ています。こんな時だからこそ、ひるまず、いろんなことにチャレンジしていきたい。MIYAVI Virtual、突き進もう!

 MIYAVI「Need for Speed」ミュージックビデオ

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)