(C)AKB48

 AKB848が13日、東京・秋葉原のAKB48劇場で劇場公演を配信限定で再開させた。4月15日に『OUC48プロジェクト』を発足。秋葉原の劇場をメンバーそれぞれの自宅“おうち”に移し「おうち公演」を配信してきた。約2カ月半ぶりとなる劇場での公演の初日ステージは、向井地美音と岡田奈々が飾り、無観客での配信限定公演『ソーシャルディスタンス公演』を開始した。

 『ソーシャルディスタンス公演』初日のステージを飾ったのは、AKB48グループ総監督の向井地美音と岡田奈々のふたり。『なぁおん ソーシャルディスタンス公演』は、向井地と岡田がリモート会議を重ね、“long distance”をテーマに「遠く離れていても気持ちが伝わりますように」という、ファンへの想いが込められたセットリストとなった。

 午後7時、「overture」が流れると、ふたりがステージに登場。『遠距離ポスター』で幕を開けた。向井地は「久しぶりの劇場公演で、正直すごく緊張しています。こんなに緊張したのは初めてかもしれない」と語り、岡田は「ソーシャルディスタンスを保ちながら楽しむことが目標です」と語った。

(C)AKB48

 ソロパートでは、向井地が『Pioneer』を力強くパフォーマンス。バックダンサーとして初めて劇場に立った思い出の曲『片思いの対角線』や、AKB48グループセンター試験選抜でセンターになった『君は僕の風』など4曲を披露した。

 対する岡田は、向井地に所縁のある『だらしない愛し方』『I’m crying』『誰が私を泣かせた?』の3曲を披露。また、『この涙を君に捧ぐ』では、曲間で「みなさんいつも応援ありがとうございます。この状況が、まだまだ続くとは思いますが、一緒に乗り越えていきましょう!」とファンへ感謝の気持ちを伝えた。

 終盤は、岡田の初センター曲『ジャーバージャ』、向井地が、大島優子からセンターを引き継いだ『ヘビーローテーション』と、ふたりの思い入れの強いアップテンポなシングル曲を歌唱した。

 2人はこれまで培ったステージ感覚で、ときに近づきそうになるなどソーシャルディスタンスに苦心しながらも、距離を保つことを意識したパフォーマンスを披露した。最後は『翼はいらない』を歌い上げて、この日の『なぁおん ソーシャルディスタンス公演』は幕を閉じた。

AKB48グループ総監督・向井地美音コメント

 ステージに立つのはすごく久しぶりだったので心も体も緊張しましたが、やっぱり歌って踊ることが一番の幸せだな…と思いました!

 『ヘビロテ』の背中合わせで歌うシーンや、『翼はいらない』のフォークダンスも、全てソーシャルディスタンスを保って踊ったので、すごく新鮮でした。

 今はまだ通常のように16人で集まることはできないけれど、こうして仲良しのなぁちゃん(岡田)と2人で公演ができるのは、今しかできない貴重な機会なのでとても嬉しかったです!

 2カ月半、待っていてくれたファンの皆さまと劇場に「ありがとう、ただいま」と伝えたいです。

(C)AKB48

AKB48チーム4・岡田奈々コメント

 久しぶりにAKB48劇場のステージに立つことが出来て、ようやくここに帰ってくることができたな、という懐かしい気持ちになりました。2人で公演を行うことは とても珍しいので、貴重な経験として楽しませていただいたのですが、みーおん(向井地)とのソーシャルディスタンスを保つのが私的には難しかったです(笑)。いつもくっついているのが当たり前だったので、パーソナルスペースが狭めの私は1日を通して大変でした。目の前にファンの方がいないのはちょっと寂しかったけど、配信を見てくれている皆さまに、画面越しに私たちの想いが伝わっていたら嬉しいです。

(C)AKB48

セットリスト

overture
1、遠距離ポスター 岡田、向井地
2、Pioneer 向井地
3、片思いの対角線 向井地
4、君は僕の風 向井地
5、だらしない愛し方 岡田
6、I’m crying 岡田
7、誰が私を泣かせた? 岡田
8、この涙を君に捧ぐ 岡田
9、イイカゲンのススメ 向井地
10、ジャーバージャ 岡田、向井地
11、ヘビーローテーション 岡田、向井地
12、翼はいらない 岡田、向井地

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)