ヨルシカが12日、主題歌と挿入歌に続き、新曲「嘘月」が映画『泣きたい私は猫をかぶる』のエンドソングに決定した。切なすぎるシーン映像×楽曲がマッチしたPVも公開。

『泣きたい私は猫をかぶる』

 二人組バンド・ヨルシカが手掛ける書き下ろし主題歌「花に亡霊」と挿入歌「夜行」も話題の本作。4月下旬に公開された「花に亡霊」のMVは早くも1000万回再生を突破するなど、大きな盛り上がりを見せている。新たにヨルシカの最新曲「嘘月」がエンドソングに起用されていることがわかった。本曲は映画のエンドロールで流れ、本編を観終わった観客に深い余韻を残す一曲となっている。

 あわせて、初解禁シーンを含む本編映像に「嘘月」が流れる新PVも公開。本作は、「ムゲ(無限大謎人間)」と呼ばれるちょっと変わった中学2年生、笹木美代(声・志田未来)と、彼女が熱烈な思いを寄せるクラスメイトの日之出賢人(声・花江夏樹)を中心に、“猫”の世界を通して繰り広げられる甘酸っぱい青春ファンタジー。

 奇妙なお面屋の猫店主(声・山寺宏一)から、かぶると猫に変身できる不思議なお面を授かったムゲは、猫の「太郎」として日之出の家に通い、普段はクールな日之出も「太郎」にだけは素直な気持ちを打ち明けるようになるが…。

 解禁されたPVは、その正体がムゲとは知らない日之出が、「太郎」の前で彼女について思いを馳せるシーンからスタート。いつも陽気で明るく、空気を読まない言動で周囲を驚かせていたムゲだが、ある出来事をきっかけにすっかり元気を失ってしまう。日之出はムゲの笑顔を思い返し、「あいつ、俺の前ではいつもがんばって笑ってたんだ」と、彼女に支えられていたことに気付き始める─。弾けるようなムゲの笑顔に、日之出と「太郎」が“二人きり”で過ごす日常の一コマ、そしてムゲと日之出が手と手を繋ぐ姿まで、本編への期待が高まるシーンが満載。さらに「嘘月」の切ない歌詞とメロディが深みを与える、見ごたえ・聴きごたえ抜群のPVに仕上がっている。

『泣きたい私は猫をかぶる』

 映画の世界観を広げる3曲を手掛けたヨルシカのメンバーも、今回の楽曲制作に大きな手ごたえを感じている様子。ギターとコンポーザーを担当するn-buna(ナブナ)は、自分たちがコンセプトを前提とした作品作りを行うバンドであるため、当初は映画の世界観とのマッチングを心配していたが、監督に「自由にやってください」と言われたことで、安心して楽曲制作に打ち込めたそう。

 今回解禁されたエンドソング「嘘月」は、その名の通り“嘘つき”を表し、歌詞の節々に尾崎放哉の句を散りばめたこだわりの一曲だという。アニメ映画が大好きだと語るボーカルのsuis(スイ)は、エンドロールで自分たちの曲がかかる喜びに心躍らせながら、「映画を観た方全員を泣かせたい」という意気込みで臨んだことを明かしている。

■『泣きたい私は猫をかぶる』エンドソング ヨルシカ「嘘月」PV

n-buna(ギター/コンポーザー)コメント

 ヨルシカ自体がコンセプトありきの作品を作るバンドなので、何処までこちらの世界観で作ってしまっていいのかという心配をしていましたが杞憂でした。ファーストコンタクトで監督から自由にやってくださいと言われた時は心強かったです。

 次作のアルバムコンセプトの一つが春から初夏にかけての空気感、だったので、映画の世界観と外れないだろうと思い、その時書こうとしていたものをそのままアウトプットしました。三曲どれも、想い出の中の街をテーマに描いた曲です。

 「花に亡霊」…亡霊はつまり想い出なので、夏に咲く花に想い出の姿を見る、という意味の題です。

 「夜行」…ここで言う夜は人生の夜です。大人になること、忘れること、死へ向かうこと、を夜に置き換えて書いた曲です。

 「嘘月」…嘘つきです。歌詞の節々に尾崎放哉の句を散りばめています。

suis(ボーカル)コメント

 アニメーション映画大好きなので、アニメーション映画のエンドロールでヨルシカが聴けるなんて嬉しすぎる!ととても心躍りました。同時に「映画を観た方全員を泣かせたい」という野望が湧き、いい歌を歌おうと意気込んだ覚えがあります。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)