ビーチトリップシンガーのBaby Kiyが去る2月21日、東京・渋谷Veatsでアコースティックワンマンライブ『BABY KIY Acoustic Live "BLUE MOON”』をおこなった。ライブは2月21日の東京と、3月1日の大阪公演の2カ所2公演を行うというもの。(※大阪公演は新型コロナウイルスの影響により中止)2020年初のワンマンは、オリジナル曲からフェイバリットアーティストのコルビー・キャレイの「Realize」やwacciの「別の人の彼女になったよ」など、リクエストを元にしたカバー曲も含め全20曲を披露した。フルバンドの時とはまた違った側面を打ち出した東京公演の模様を以下にレポートする。【取材=村上順一】

特別な日になったらいいな

Baby Kiy

 開演時刻になり会場は暗転。青い空間に温かい灯りが灯る中、サポートメンバーのYui(Per)とhanna(Gt)がスタンバイ。そして、本日の主役であるBaby Kiyが歓声に迎えられるなかステージに登場。オープニングを飾ったのは「Hey Darling」。少し緊張感を感じさせるなか、アコースティックならではの温もりのあるサウンドに乗って、しっとりと歌声を響かせるBaby Kiy。

 2曲目に届けられた「Stay」は、伸びやかな歌声を響かせる。観客も軽快なパーカッションのビートに合わせ、クラップで一体感を作り上げていくライブならではの臨場感に満ちていた。一気に南国の海へと誘った「Lazy Boy」は、緊張が解けたのかリラックスした笑顔で楽しそうにギター演奏、歌唱するBaby Kiyの姿が印象的だった。

 そして、MCを挟んでレゲエテイストのアレンジでアシュレイ・ティスデイル(米・シンガー)のカバー曲「Kiss the Girl」から、「もっとみんなの声が聴きたい」と投げかけ「Stay Here Maybe」でシンガロングあり、Baby Kiyのこれまでとは違ったハツラツとした強さを感じさせる歌声で魅了。切なさが漂う「Never get enough」を、情感を込めメロディを丁寧に歌い紡ぐ。

 Baby Kiyは「みんなとの距離をもっと近くにして楽しみたい」と話し、タイトルにあるに"BLUE MOON”ついて言及。BLUE MOONは希少な現象を指していることから「今日来てくれたみんなと、そんな特別な日になったらいいなと思い、このタイトルをつけました」と、その意図を語った。

 ライブは中盤戦へ。テイラー・スウィフトの「Mine」を伸び伸びと笑顔で歌い上げ、さらにオリジナル曲「Time for moving on」では心地よいリズムに乗ってレイドバックした空間を作り上げていく。アコースティックの醍醐味が存分に詰まっていた瞬間。さらに「Stay Together」や「Trouble」と疾走感のあるオリジナルナンバーを披露。シンプルな楽器編成で研ぎ澄まされたアレンジは、より楽曲を鮮烈にしていた。

 Baby Kiyはギターをチェンジし、ここからカバー曲セクションへ。まだ曲があまりない時代から小さなライブハウスで、オリジナル曲と共に歌っていた思い出の曲。「今こんなに大勢の前で披露出来るとは思っていなかった」と話し、コルビー・キャレイ(米・シンガー)の「Realize」を届けた。スティールギターが独特な世界観を演出するなか、当時のことに思いを馳せるかのように丁寧に歌うBaby Kiyが印象的だった。

 続いては、リクエストを募って選ばれたAimerの「カタオモイ」を披露。ギターを置き、歌に集中するBaby Kiy。しっかりと両手でマイクを握り、エモーションを注入していく。YUIの「Goodbye days」、そして、タイトルコールで会場がざわついたWacciの「別の人の彼女になったよ」など、カバー曲を彼女らしさを打ち出しながら、等身大のBaby Kiyをステージから見せてくれた。

みんなと過ごせて嬉しい

Baby Kiy

 パーカッションのYuiがキーボードにチェンジし、この日のためにアコースティックアレンジされた「Your eyes」を歌唱。観客の目と耳は、より一層Baby Kiyの歌声と姿に注がれていく。ライブも終盤へ向かう。場面を一転し、爽やかな風を運んできた「Before the sunshine」は、太陽のように生き生きとした歌が会場いっぱいに広がっていくのを感じさせ、

 そして、シリアスな導入がグッと心を引き寄せられた「GIRL FRIEND」。ドラマチックなアレンジでオリジナルのような軽快なアップビートへと展開。間奏ではアグレッシブなパーカッションソロで盛り上げていく。このライブを通して一番エナジーが高まった1曲だった。

 続いて、これまでの曲とはまた違った、優しさや柔らかさを感じさせてくれた一曲「それでいいんだ」を届けた。Baby Kiyのファルセットが空気を伝い、会場をゆっくりと包み込んでいくよう。「ライブって早いよね。最後みんなで一緒に歌ってね。準備はいい?」と投げかけ、本編ラストは「Don't Let Me Go」。身体が自然と揺れてしまう心地よいリズムに乗って、凛としたBaby Kiyの歌で楽しませた。

 会場が一つとなったアンコール、“Kiyちゃんコール”に応え、パーカーを着用したBaby Kiyが再びステージに登場。会場の観客と記念撮影を行い、「今年初めてのワンマンライブにみんなと過ごせて嬉しい」と歓喜の声。最後はノスタルジックな気持ちにさせてくれる「Hummingbird~キセツハズレノハナビ~」を届け、会場はその余韻に浸るなか『BABY KIY Acoustic Live "BLUE MOON”』の東京公演は大団円を迎えた。

 昨年のフルバンド編成とは、趣を変えたライブは楽曲の新たな一面を覗かせた。カバー曲では彼女のルーツに触れながらも、ファンからのリクエストに応えるなど、充実した90分間だった。それは、終演後のオーディエンスの表情が物語っていた。

セットリスト

『BABY KIY Acoustic Live "BLUE MOON”』

2月21日@東京・渋谷Veats

01.Hey Darling
02.Stay
03.Lazy Boy
04.Kiss the Girl(アシュレイ・ティスデイル)
05.Stay Here Maybe
06.Never get enough
07.Mine(テイラー・スウィフト)
08.Time for moving on
09.Stay Together
10.Trouble
11.Realize(コルビー・キャレイ)
12.カタオモイ(Aimer)
13.Goodbye days(YUI)
14.別の人の彼女になったよ(wacci)
15.Your eyes
16.Before the sunshine
17.GIRL FRIEND
18.それでいいんだ
19.Don't Let Me Go

Encore

En1.Hummingbird~キセツハズレノハナビ~

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)