湘南乃風が6日、過去のライブ映像とライブ音源のデジタル配信を発表した。

 ニューアルバム「湘南乃風 〜四方戦風〜」を引っさげて、6月6日厚木文化会館大ホールよりスタートするはずだった全国ツアー『風伝説 TOUR 2020 四方戦風 〜ぶっ飛べ クソアツい 粋な祭り 頂け一番~』全20公演を、新型コロナウイルスの影響により延期した湘南乃風。

 夏の風物詩のひとつでもあり、約2年ぶりということで湘南乃風ライブを待ち望んでいたファンに向けて、過去のライブ映像とライブ音源のデジタル配信を発表した。

 今回の映像配信するのは、「睡蓮花」「炎天夏」「曖歌」「純恋歌」「黄金魂」のベストパフォーマスで、全ての音楽配信サイトでは、2013年8月13日に行われ即日SOLD OUTとなった「10周年記念横浜スタジアム伝説」の全パフォーマンス楽曲が2020年7月23日、海の日より音源配信解禁スタートとなる。

湘南乃風リーダー RED RICE コメント

今日2020年6月6日は僕らにとって一番大切にしていると言っても過言ではない、ライブ、全国ツアーの開催日でした。そして6月6日とは僕たちの夏というイメージを作るのに欠かせない「睡蓮花」を2007年にリリースした日でもあります。そんな特別な日にライブが出来ることをずっと前から意気込み、そして楽しみにしていました。ライブを今日行えない悔しい気持ちは、とてもここでは表現できないほど大きく、その悔しさの大きさはファンの方々も同じだと思います。

そんなみなさんの悔しさを少しでも和らげれることは何かを考え、僕たちの大切にしているこのライブ映像とライブ音源を配信することを決めました。

いつか思いっきりライブできる夏をイメージしながら、今年は映像や配信音源の中で皆さんと盛り上がれれば嬉しいです。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)