城田優が29日、GLAYのTERU、HISASHIとコラボした楽曲「それでも」を自身のインスタグラムとYouTubeチャンネルに公開した。

 城田は、新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛期間は、自分にできることはないかと、インスタライブや楽曲制作を行ってきた。

 そのなかで、城田の生配信を見ていたGLAYのTERUから「何か一緒にやろうよ」と呼びかけられ、直前に城田がインスタグラムにアップしていたオリジナル曲「それでも」のコラボプロジェクトを行うこととなった。

 同曲は城田が、自粛生活のなかでSNSを通じて、多くの人が不安や孤独と戦っていることや傷つき苦していることを感じ、城田自身も虚脱感に苛まれるなか、同じ気持ちを抱える人たちに「どうにか前向きなエネルギーを届けられないか」と思い作曲した。

 アレンジには、普段から交流がある音楽プロデューサーのUTAが参加。また映像では、昨年演出・主演を努めたミュージカル『ファントム』で共演をした廣瀬友祐が、イラスト画を書き下ろし参加する等、多岐に渡ったメンバーで実現した作品となった。

 城田は「僕の頭の中から生まれたメロディと歌詞を、TERUさんが歌ってくださり、そしてHISASHIさんにギターを弾いていただけるだなんて、夢にも思っていなかったコラボに感無量です」とコメント。

 更に「一人でも多くの方に、僕らの想いのこもった曲が届き、今日を、明日を生きるエネルギーに変わることを願っています」と願いを明かしている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)