左がHKT48、右がNGT48

 HKT48を運営するMercury社とNGT48を運営するFlora社は27日、両社を支援する持株会社としてSproot社を設立。LINE社エンターテイメントカンパニー、セプテーニ・ホールディングス社、ピアラ社が資本参画することを発表した。

 AKB48を運営するVarnalossom社(旧AKS社)から分離、独立したMercury社とFlora社を支援、統括する目的で持株会社、Sproot社が設立。Mercury社とFlora社はSproot社の100%子会社になる。

 また、HKT48、NGT48各グルーブの発展を目指し、LINE社エンターテイメントカンパニー(舛田淳カンパニーCEO)、セプテーニ・ホールディングス社(佐勝光紀代表取締役)、ピアラ社(飛鳥貴雄代表取締役)と第三者割当増資契約を締結。今後の経営体制の拡充及び各グループのデジタル化推進を支援するパートナーとして、LINE取締役でもある舛田淳氏が社外取締役に就任する。

 Sproot社では、「輝くために努力できる場所を、新しい技術と考えかたでつくり、次世代のエンタメをリードする」をミッションに、エンターテイメントの新しいスタンダードの構築を目指す。

 以下はコメント。

■LINE株式会社エンターテイメントカンパニーCEO・舛田淳

 LINEでは、これまでも「LINE LIVE」や「LINE MUSIC」などを通じ、デジタル領域においてアーティストとファンの出会いを生み出してきました。現在、エンターテイメント業界は、新型コロナウイルス感染症の流行により、これまで当たり前のように行っていたライブやイベントが中止となっており、新しいファンコミュニケーションが求められる変革の時期を迎えています。新体制となるHKT48やNGT48を応援していくとともに、多くのアーティストやエンターテイメント産業全体が盛り上がれるよう様々な側面からサポートしてまいります。また、私自身も社外取締役としてSproot社の事業や経営に尽力いたします。

■株式会社セプテーニ・ホールディングス代表取締役・佐藤光紀

 この度の新会社、Sprootの船出をご一緒できることとなり、心より嬉しく思います。エンターテインメント×デジタルの領域での素晴らしい顧客体験をひとつでも多く生み出すことで、Sproot社の活動を通じ、エンターテインメント産業のデジタル・トランスフォーメーションに貢献していければと存じます。

■ 株式会社ピアラ代表取締役・飛鳥貴雄

 AI による最適化が進む時代だからこそ、よりコンテンツが重要視され、人は体験に価値を見出していくと思います。ピアラが持つD2C 支援のノウハウや新しい形のサービス構築力を活用し、Sproot 社の持つエンターテイメントの力を、地方から全国、そして世界へと発信していけるよう、微力ながらサポート出来ればと思います。

■ 株式会社Sproot代表取締役・渡邊洋行

 豊かな生活や人生を過ごすにあたって、エンターテイメントは不可欠な要素です。今後、これまで以上に、ファンの皆様に楽しんでいただける新たなエンターテイメントを、HKT48、NGT48のメンバー、スタッフが一丸となって生み出せるよう、しっかりと支援するのが我々の役割です。

 新型コロナウィルスの流行、そしてDXの拡大など、大きく変化する時代において、デジタル領域で圧倒的な知見を持つパートナーのみなさま、そして、何より応援下さるファンの皆様の力をお借りしながら、HKT48とNGT48が時代をリードするエンターテイメントグループに成長できるよう尽力いたします。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)