「美しい」「綺麗」と反響を集めている米倉涼子のファッション。『旅色』(ブランジスタ)に登場した(Instagramより@ryoko_yonekura_0801)

 米倉涼子が26日、自身のインスタグラムを更新。表紙・巻頭を飾った電子書籍『旅色』(ブランジスタ)6月号を紹介した。表紙に写る米倉はモカブラウンのセットアップで決めており、ファンからは「綺麗」と反響だ。

 【写真】過去に黒木華とキスシーンに臨んだ米倉涼子

 巻頭特集「あたらしい、東京へ。」で創刊13年目にして初めて東京を取り上げた同誌。米倉は、撮影を通じて改めて東京のことをもっと知ってみたくなったという。その米倉はインスタグラムでその表紙などを投稿。「私にとっても新鮮な東京のご紹介しています」と伝え、「またこんな旅ができる日常が早く戻りますように」と願いを綴った。

 同誌で米倉は、モカブラウンのセットアップを披露している。一般的にブラウンは膨張色であるものの濃いめのブラウンを使うことでラインを引き引締め、更に黒色のインナーで効果をアップさせている。また、一つボタンのためウエストの位置が高く見えるのも特徴だ。

 色鮮やかなスカーフは、巻くだけで華やかになるが、巻き方はラフにかけており洋服の柄のように一体感が出ている。こうした派手目なスカーフでもこの巻き方だと馴染む。コーディネート自体がシンプルのため大柄のスカーフと相性抜群だ。

 また、太めのベルトはカジュアルな印象を与える効果がある。このコーディネートでは「抜け感」を担当。更に、アクセサリーは大振りのピアスで小顔効果も。米倉の肌に合うゴールドのネックレスもバッチリハマっている。メイクはオレンジのチークで春らしさ全開。リップは鮮やかな赤でパキッとしており、顔の印象をはっきりさせている。

 全体的に、都会的で洗練された印象を感じさせるコーデ。そんな米倉にファンからは「綺麗」「美しい」と反響の声が寄せられている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)