丸山隆平・芳根京子・加藤諒・山本耕史が語る

 丸山隆平が主演を務める時代劇『連続ドラマW 大江戸グレートジャーニー ~ザ・お伊勢参り~』で、丸山をはじめ、共演の芳根京子・加藤諒・山本耕史のインタビュー映像が番組サイトで公開されることが決まった。

 6月6日の本編スタートに先駆けて、放送された『徹底ガイド』。そのなかで反響があったのが、メインキャストとなる丸山隆平・芳根京子・加藤諒・山本耕史によるインタビュー。大反響を受けて今回、番組サイトでの公開が決まった。放送されたものに加えて、各キャストが時代劇への想いや自身が演じるキャラクターについて、そして共演者の印象などを語る貴重な内容をメイキング映像も組み込まれる。

 同時代劇は、映画『超高速!参勤交代』の原作・脚本の土橋章宏と、監督の本木克英が再びタッグを組み挑む初めてのテレビドラマ。江戸時代が舞台の時代劇で、現代でも大人気の「お伊勢参り」を描くロードムービーとしてだけでなく、超痛快なエンターテインメント作品としてWOWOWで放送される。

 主演・丸山隆平(関ジャニ∞)が演じるのは、かつては最強の賭博師、今はただのダメ男である主人公の辰五郎。お伊勢参りの中でも、60年に一度の「おかげ年」に行う「おかげ参り」は、現代のように容易く旅行に行けなかった当時の人々にとっての一大イベントで、数百万人規模で伊勢神宮に向かう人がいたといわれている。

 そんなおかげ参りに突如出発することになった金なし、運なし、人徳なしの“ダメ男”辰五郎。かつては、江戸の中で最強の博打打ちとして名を馳せていたが、ここ最近はすっかりツキに見放され、借金まみれに。そんな辰五郎がひょんなことから江戸を飛び出し、伊勢神宮を目指すことになる。道中に起こる様々なトラブルやハプニングを乗り越え、辰五郎は無事に伊勢神宮に辿り着けるのか。

 辰五郎と共にお伊勢参りに旅立つ、すぐに死にたがる訳ありな美女・沙夜を芳根京子、奉公先を抜け出してきた大人びた少年・三吉を斎藤汰鷹(たいよう)、代参犬の駄犬・翁丸(おきなまる)、そして、辰五郎を追う江戸一の殺し屋で借金取りの菊佐を山本耕史、その駄子分で菊佐を慕う六助を加藤諒が演じる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)