2人組アーティスト・ゆずが23日、ゆずYouTube Official Channelで新曲 『そのときには』のミュージックビデオ(以下MV)を公開した。

 同楽曲は、北川悠仁が作詩・作曲を担当。今週20日に配信されたゆずのWEBラジオ 「Yuzucast」でフル尺音源が初オンエアされ、ファンの間で話題を集めていた。

 同曲は、4月11日に北川が行ったYouTube Liveの中で、歌詞が乗っていない曲の断片を先行して披露。その後、ファンに向け「新型コロナウイルスが収束した、”そのとき”にしたいこと」をテーマに、SNSでメッセージを募集。集まった多くの投稿のすべてに目を通 した上で、北川が言葉を紡ぎ曲を制作。これまでオープンにしてこなかった、レコーディ ングや歌詞の歌い分けを行う様子などを、映像として自身のインスタグラムにて定期的に 発信。制作スタート時からファンと楽曲を共有し、共に作り上げてきた楽曲となっている。

 MVは、横浜にある北川のプライベートスタジオ・STUDIO HOUSEにて撮影。極少数の スタッフと最低限の撮影機材のみ準備し、滞在スタッフはマスク着用。消毒や換気を始め、密閉・密集・密接の“3密”を避けながら、北川と岩沢厚治それぞれが時間帯をずらして個別撮影。落ち着いたトーンの色味を基調としたシンプルな映像ながら、二人それぞれが音楽に真摯に向き合い、アコースティックギターと歌声を響かせる映像からは、離れていても音楽で繋がることができ、そしていつか二人が揃って歌を届けられる”そのとき” への希望を感じることができる。

 なお、MV公開に際し、北川悠仁がメッセージを寄与。 楽曲制作の経緯や背景、自身の未来に込めた想いが綴られている。

北川悠仁コメント

 「そのときには」の楽曲制作に参加してくれたみんな、本当にありがとう。 たくさんの想いを、言葉で、歌詞で、そして歌に乗せてくれた人もいた。 どれも素晴らしく、どれも正解だった。 投稿はしなくとも、曲を楽しみに応援してくれてたみんなもありがとう。

 みんなの想いを受けて、歌詞をツギハギみたいに作っていくのではなく、 一度みんなの想いを全部受け止めて、そして飲み込んで、 みんなへの返信というか、みんなに呼応する形で、 自分の言葉にして返そうって思った。

 最初はみんなが大変な時期に、なにか願いや希望を持っていられるように、 この曲が、ある種の”ゴールテープ”のようなものに なればいいのかなって思っていた。

 だけど作品を作っていくうちに、自分の中で色んな感情が湧いてきて。 この期間に感じたことを、当たり前に思いすぎていたことに反省したり、 感謝するこの気持ちを、どう忘れずに未来に活かしていくかの方が大切に思えた。 だからゴールテープではなく、終息したときに、 この曲を”立ち返る場所”にしたいと思いました。

 曲を作っていく過程をみんなに見せながらレコーディングするのは、 鶴の恩返しの機織りを見せるような気分なので少し悩みましたが、 この曲作りを一緒に体感してもらえたなら、やってよかったと思えます。

 いつかこの曲を、みんなにライブで聴いてもらうのが、 今の自分の「そのときには」です。

 そのときまで、みんなどうか元気で。

ゆず北川悠仁

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)