赤い公園が23日、最新アルバム『THE PARK』収録の「夜の公園」のリリックビデオを公開した。イラストは赤い公園がエンディング・テーマを務めたTVアニメ『空挺ドラゴンズ』の原作者 桑原太矩の描き下ろしとなっている。

2018年に石野理子をボーカルに迎え、1年後の2019年5月エピックレコードジャパンへの移籍を発表し、新たなスタートを切った赤い公園。2020年1月29日には、2020年1月クール フジテレビ「+Ultra」TVアニメ「空挺ドラゴンズ」エンディング・テーマに起用されたシングル『絶対零度』をリリース。

 そして2020年4月15日に、新体制として初となるフルアルバム『THE PARK』をリリースし、5月23日最新アルバム『THE PARK』収録の「夜の公園」のリリックビデオを公開した。

 この楽曲は片想いの女性の心情を綴ったラブソングで、ファンの間でも人気の高い曲だ。

 そして今回のリリックビデオは、赤い公園がエンディング・テーマを務めたフジテレビ「+Ultra」TVアニメ「空挺ドラゴンズ」の原作者である桑原太矩の貴重な描き下ろしイラストを使用した映像になっている。

 桑原太矩が自身のTwitterで“青春の衝動みたいなのが全編にあって、『夜の公園』とか、もう聴いてて漫画描きたくなりました(片思いソング大好物)”とツイートしてくれたことがきっかけでオファー。快く快諾してくれたことで、今回の作品が完成した。

赤い公園「夜の公園」リリックビデオ

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)