川口春奈

 女優の川口春奈が18日放送のNHK『鶴瓶の家族に乾杯』に出演。明智光秀の墓との伝承がある“桔梗塚”を訪ね、ネット上では「帰蝶が明智光秀のお墓参りをしている場面に胸が熱くなる」などと反響を呼んだ。

 【写真】過去にYouTubeですっぴんを披露した川口春奈

 大河ドラマ『麒麟がくる』で斎藤道三の娘、帰蝶役を務めている川口。ゆかりの土地である岐阜県山県市でのぶっつけ本番旅をおこなった。

 その中で、街の人から聞いたハヤシライスのお店を訪ねた川口。店主から「桔梗塚」という明智光秀の墓があると聞かされ、「ちょっといいこと聞きました」と興味津々の様子。

 番組終盤、実際にその桔梗塚を訪れた川口は、合戦で亡くなったのは影武者で光秀は生きていた、と説明書きされた案内板をフォーカス。

 そして、「私でもまさにこれで教わりましたよ」とし、「『影武者で、本当は生きてたらしいよ』って。わかんないですけど、ここの知識はギリギリ私もわかる」と懐かしそうに回顧。光秀の墓前に立ち、「こんな感じなんだ」と感慨深げに話して手を合わせた。

 その帰路には大河ドラマ好きという観光客に遭遇し、「めちゃめちゃうれしい」と歓喜。さらに初めて参拝に来たという学生カップルと交流し、光秀ゆかりの神社という白山神社も訪問。絵馬に「麒麟がくる 大ヒットしますように」と記し、「頼む」と願掛けをおこなっていた。

 この“帰蝶”川口による光秀の墓との伝承がある桔梗塚への参拝は、大河ドラマファンにとってはたまらないシーンになったようだ。

 ツイッター上には「帰蝶が明智光秀のお墓参りをしている場面に胸が熱くなる」「帰蝶様遂に光秀のお墓参り」「帰蝶様が、山崎から落ち延びた説の光秀の墓に手を合わせている…いいなあ…」「光秀のお墓に来たら帰蝶がいたってすごいね」などの声が見られ、感激するファンが多く見られている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)