YOSHIKI

 YOSHIKIが16日、ニコニコ生放送とYouTube Internationalサブスクリプション内の『YOSHIKI CHANNELで生配信を実施。新型コロナウイルス後のエンターテインメント業界を語った。

 配信は、米ロサンゼルス(LA)にいるYOSHIKIがセッティングから全て一人で実施した。

 YOSHIKIは、LAで外出制限が3カ月延長されたことに触れ、「今は”STAY HOME”から、英国が掲げるスローガン” STAY ALERT”という第二のフェーズにきている。経済も回さなければいけないので、職業によっては営業自粛の緩和が始まっている。しかし、医療崩壊を起こさないためにも、ワクチンができるまでは油断できない」と語った。

 さらに知人である医学者達の意見を参考にしたうえで、「ワクチン開発後も、臨床試験や世界各国への配布を考えると膨大な時間がかかることが予想されるため、今後は経済を回しながら、ウイルスと共存していく必要があるだろう。僕はそう思う」と述べた。

 エンタメ業界については、「これはアメリカで議論されている例だが、仮にコンサートができるようになったとしても、フィジカルディスタンスを保つために席を一つずつ空ければ、売り上げが50%減ってしまう。さらに換気システムを整えようとしたら、設備投資もしなくてはならない」と厳しい状況に立たされていることを視聴者に伝え「最悪の事態も想定しておくべきでは」と語った。

 さらに、「僕らが今後もミュージシャンとして生計を立てていくのであれば、プランA、プランB、プランC……と、さまざまなプランを持っておかなければいけない。今までのようには戻らないといった想定をして動く必要がある」と、自身の活動についても俯瞰的な考えを明らかにした。

 また、昨日フランスのモード誌『Numero』や、日本経済新聞に本人が掲載されたことをきっかけに、芸術とビジネスの関係性について考えたというYOSHIKIは、「僕は、たとえビジネスとして成り立たなくなったとしても音楽を続けるだろう。すべての芸術がビジネスとして成り立つ必要はないと思う。僕は自分の音楽で人を支えたい。また、もし音楽を続けられるのであれば、自分の作った作品の感想を聞いてから死にたい」と真摯に語った。

さらに父やメンバーなど、身近な人達を多く亡くしていることを語り、「僕は、死から逆算して考えるタイプで、ある種、破滅志向がある。残された時間で何をすべきか。あと何曲の作品を世に出せるかを常に考えている。そう考えると、今自分は本当にやりたいことをやれているのかと考えてしまう」と意味深な発言を残す場面もあったが、最後には「今は交響曲の作曲を行なっており、コンサートが開催できない状況でも、とても充実している」と音楽活動への前向きな姿勢を見せた。

 この日は初の試みとして、放送中にインスタライブの同時配信に挑戦。世界中のフォロワーがYOSHIKIのInstagramにアクセスし、閲覧人数は数秒で1.5万人を超えた。そして数分後には、「終わり方がわかんないよ~誰か教えて! これって放送事故?」と困り、リーダ格とは真逆のお茶目な一面を見せると、ファンからは「お困りYOSHIKIが可愛い」「助けてあげたい!」とコメントが殺到した。

 次回の配信は、5月23日。今回に続く第2弾として、エンタメ業界の今後について再びYOSHIKIが語る。今回の配信では「2、3週間のうちに、昨年より動いている僕の音楽関係や映画関係に関する発表があるかもしれない」「23日の配信で良い発表ができるかも」といった発言もあり、その発表内容が注目される。

【YOSHIKI CHANNEL】次回放送予定
5月23日(土)20:00~
https://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial
※全編ご覧になるには、YOSHKI CHANNNEL有料会員登録が必要。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)