撮影・木村武雄

うつむきかげんに前を見つめていた。

後ろで結んだ髪。赤い口紅。透き通る目。

静かに凛と立つ。輝きを放っていた。

時折見せる笑みは屈託もない。

写真は昨年12月、都内で行われた『カツベン!』の舞台挨拶での一コマ。個性派が揃うキャスト陣のなかで、ヒロインを演じた彼女はおとなしめに立っていた。

同作では女優の役を演じた。幼馴染・染谷俊太郎(成田凌)に接するとき、仕草のところどころに愛くるしさがあった。

活動弁士をテーマにした物語。本編に流れた無声映画に黒島もその役として出演した。

スクリーンに映るモノクロの着物姿。

凛と立つその姿に共演者も見惚れた。

「美しい」

最近では、NHKで放送された『アシガール』に出演した。

戦国時代にタイムスリップした女子高生。

凛とした彼女とは対照的な役柄だ。

快活な女性だが、どこかに『カツベン!』の時に見せた愛くるしさがある。

もともと備えているものなのか。

容姿の美しさと、内面にある愛くるしさ。

その2つが同居しているのが彼女の魅力の一つでもあると思った。

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)