Superflyが8日、ミュージックステーションで初披露した新曲「Together」の映像をYouTubeで公開した。

 自身のInstagramで弾き語り動画を公開し、8日放送されたミュージックステーションで全編を初披露したSuperflyの新曲「Together」の映像がYouTubeで公開された。

 この楽曲は、外出を制限された状況の中で志帆の様々な想いから制作された楽曲である。

 「人と人が引き離されるという世の中の状況に、なんでこんな事が起きるんだろう」と何度も考え、そんな時に生まれたメロディーと、そしてそのメロディーから「一緒にいたい」というフレーズが聞こえてきて、曲として完成させたという。

レコーディングはリモートで行われ、八橋義幸(ギター)、須藤優(ベース)、山本健太(キーボード)が、それぞれの自宅で音を録り、重ね合わせた。

 映像も各自宅での撮影となったため、志帆は「自分が今まで大事にしてきたもの」を自宅の一角に集め、その想いの詰まった空間で様々な角度から撮影したという。

「いつか、皆さんとお会いできる日まで、少しでも成長できているように、想像力を持って自宅で過ごしたいと思います。今、私たちにできることは、自分たちの代わりにできることをしてくれている方々へ、心から「ありがとう」という気持ちを伝える事かと思っています。」と語った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)