浅井七海

 AKB48浅井七海(19)が、AKB48グループによるエア握手会「おうちで握手会」に参加した。

 【動画】おうちで握手会に参加する浅井七海

 AKB48の16期生でチーム4に所属する浅井。5日に迎える子供の日にちなみ、壁にコイノボリや「なーみんとこどもの日」という手書きの張り紙を飾り、「久しぶり! 来てくれてありがとう!」と明るく出迎えた。

 「私は子供の頃、赤いコイノボリになりたかったんだよ」と明かし、その後「また待っているからね!」と再会を心待ちにし、見送った。

 改めて浅井は「今は皆さんに会える機会も減ってしまって寂しいんですが、会いたいというパワーを今、絶賛チャージ中なので、次に皆さんに会える日を楽しみにしています! またね!」とメッセージを送った。

 その後、自身のツイッターを更新。エア握手会でも触れた子供の頃のエピソードに触れ「鯉のぼりは赤い子がよくて、雛人形は三人官女の真ん中の子になりたかったそうです」と明かした。

 この企画は、動画配信を通じて体験するエア握手会。新型コロナウイルスの影響で握手会やイベントなどが延期、中止となっているなかで、ファンから「メンバーに会えなくて寂しい」という声が多く寄せられていることを受けて、48グループが企画。

 日本国内のAKB48グループが、大握手会さながらに5月4日から10日まで実施する。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)