LOVE POCKET FUND

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾による「新しい地図」が27日、新型コロナウイルス対策として、日本財団と基金『LOVE POCKET FUND』(愛のポケット基金)を設立したと発表した。

 同基金が生まれるきっかけは昨年。「新しい地図」が始まってから2年という節目に、「どんな時でも応援していただいている皆さん(NAKAMA=新しい地図のファン=)の支えにより現在の自分たちが存在している、この感謝の気持ちを何かの形にしたい」という新しい地図の申し出に、日本財団が応え、協力を決定した。

 「皆が一つになった時にそれが大きな力になる」との思いから、一つのポケットに皆さんの愛を入れていく「愛のポケット基金」構想が誕生。主に『生きにくさ』を抱えている女性や子供への支援や高齢者・地方創生に係る支援を行っていく基金を、2020年春に立ち上げ、ファンミーティングにて発表するよう準備を進めていた。

 そんな矢先、新型コロナウイルス感染拡大という世界中を巻き込む大きな禍に飲み込まれてしまったため、まずはコロナ対策に取り組むことを決意。最前線に立つ医療関係者やその子供を含めた家族の支援や両親・ひとり親感染家庭の児童の預かりなどの支援を行うことを目的として、『LOVE POCKET FUND』内に「新型コロナプロジェクト」を立ち上げる事となった。

 同時に、「『新型コロナプロジェクト』のポケットに、『新しい地図』で皆さんから受けているたくさんの愛情と共に、3000万円を」入れることを決めた。

 今後、同ファンドでは金銭、物資面に限らず支えを必要とする人々に寄り添っていく取り組みも展開していく予定だ。

■日本財団・笹川陽平会長コメント

 かねてより新しい地図の稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんには、災害の時など、協力をしていただいておりました。昨年からは3人のご発案で財団とともに、主に「生きにくさ」を抱えている女性や子どもを中心とした支援や高齢者、地方創生に係る支援を行う「LOVE POCKET FUND」を立ち上げようと準備をしておりました。

 そして現在世界中で大きな問題となっている新型コロナウイルスとの戦いは長期化が見込まれ、みんなの協力が必要となっていることに対して何かできないか、「LOVE POCKET FUND」の最初のプロジェクトとして、新型コロナプロジェクトとして医療最前線で活躍している医師、看護師、ボランティアやその子どもたちの支援などを行ってくことになりました。日本財団は間接経費を一切いただくことなく、皆様からいただいたご寄付はすべて支援活動にしっかりと使わせていただきます。どうぞみなさんのチカラで「LOVE POCKET FUND」をより大きなものとしていきしょう。よろしくお願いいたします。

稲垣吾郎

 事態が収束し、一日も早く全ての人々が穏やかな暮らしを取り戻せることを祈って。これからも一緒に頑張っていきましょう。

草なぎ剛

 「LOVE POCKET FUND」を通じて、辛い思いをされている方、悲しみや苦しみの中にある方に一緒に寄り添っていけたらと思います。

香取慎吾

 今、僕らの為に頑張って下さっている方々に、みなさんの愛を届けます。上を向いていっしょに、がんばりましょう!

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)