交際が報じられている菅田将暉と小松菜奈

 俳優・菅田将暉(27)と女優・小松菜奈(24)が23日放送のフジテレビ系『VS嵐』に出演。小松は菅田に「雑なフリというか、パスが多くて」と注文。そのやりとりが「カップル感がある」とネット上で大きな盛り上がりを見せている。

 【写真】もも上げに挑戦するもうまくいかず笑みを浮かべる小松菜奈

 この日の放送に出演した2人。番組ではそれぞれに「少し直してほしいところがある」とし、まずは菅田に小松への要望を尋ねた。

 菅田は「めっちゃ洋服好きなんですよ」と小松がオシャレ好きであるとし、撮影現場では「基本的にだるだるのパジャマで行ったりするじゃないですか」と自身について語り、共演者からは同意の声。

 だが、「小松菜奈が現場にいるとなるとそれが出来なくなる」と続け、嵐の松本潤からは「菜奈ちゃんがちゃんとしてるから自分もある程度ちゃんとしなきゃなみたいな」と菅田が抱えた心境を解説。

 菅田は「そう」とうなずき、「『オシャレにして行かないとな』っていう、『ちゃんとコーディネイト組もっ』みたいな。それは思いますね」とし、小松から見えないプレッシャーをかけられているようだ。

 この話を隣で苦笑いしながら聞いていた小松も、菅田に対して“要望”がある様子。「(菅田は)雑なフリというか、パスが多くて」とし、「自分が例えばコメントを言った後に、『じゃあ次は小松さんは素晴らしいことを最後言って締めてくれます』とか、そういうのがすごい嫌なんですよ」と率直に述べた。

 これに菅田が「小松菜奈、便利なんですよ。そういう時、うまいから」と理由を説明したが、小松は「うまくないんですよ。違う、そういう、そういうところだよ」と菅田を指さしながらダメ出しし、松本は「3作やってるからこそだね」と2人の関係性を見つめていた。

 このやりとりはネット上でも大いに盛り上がっており、「小松菜奈と菅田将暉にニヤニヤとまらん。お似合いや~」「カップル感凄いなこりゃ」「雑なフリを小松菜奈にするとか、好きな子に意地悪する小学生やん…」「『そういうところだよ!』って素で言ってる感じが良いな」などと反響の声が寄せられている。

 歌手・中島みゆきの名曲を原案とした映画『糸』でダブル主演を務める菅田と小松は、『ディストラクション・ベイビーズ』(2016年)、『溺れるナイフ』(2016年)に続く3作目の共演。当初は4月24日公開予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期となっている。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)