グラミー賞ノミネート経験のあるLA在住のマルチプレーヤーMASA TAKUMIが24日、伝統的な和楽器を取り入れた新たなサウンドで自身の世界観を描いたニューアルバム『HERITAGE』をリリース。

「HERITAGE」ジャケ写

 日本ではDA PUMPや世界ではTrey Songzなど、国内外のアーティストに楽曲提供やプロデュースを行ってきたMASA。本作品はジャズやフュージョン、EDMやTrap Beatなどを取り入れた新しい和楽器音楽の世界で、作曲編曲はもちろんのことピアノやドラム、三味線まで全ての楽器を自ら演奏。

 レコーディングはNYやLA、日本で行われた。また箏には丸田美紀を起用、ミキサーにはグラミー賞受賞のOscar Autie を迎え4月24日にDomo Recordsより各配信サイトから全世界配信スタート。

 また本作品は2021年にLAで行われる『第63回グラミー賞のインストルメンタル部門』にエントリーされる。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)