BTSが18日と19日、YouTube公式チャンネル‘BANGTANTV’で公開したオンラインストリーミング祭り『BTS ONLINE CONCERT WEEKEND(以下、’BANG BANG CON‘)』は2日間にわたり約24時間で再生回数5059万件を記録した。

 18日と19日昼12時からYouTube公式チャンネル‘BANGTANTV’で公開した『BANG BANG CON』は2日間にわたり約24時間で再生回数5059万件を記録し、最大同時接続者数は224万人を超えた。

『BTS ONLINE CONCERT WEEKEND』(提供:Big Hit Entertainment)

 『BANG BANG CON』のタイトル通り、全世界のARMYは自宅の部屋でBTSのライブを楽しんだ。BTSは今までのコンサートとファンミーティングのライブ模様を繋ぎ、1本のライブのように構成した。

BTSは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的拡散で‘アンタクト(untact、非対面)時代’になり、自宅で応援しながら観覧する新しいライブ文化を作り上げた。時代を先導するアイコンらしい動きだ。

初日の18日には'2015 BTS LIVE <花様年華 ON STAGE>'と'2016 BTS LIVE <花様年華 ON STAGE : EPILOGUE>'を初め、'BTS 2014 LIVE TRILOGY : EPISODE II THE RED BULLET'コンサートと2016年開催のファンミーティング'BTS 3RD MUSTER [ARMY.ZIP+]'などを4部構成にした。

2015年と2016年のコンサートでは「House Of Cards」「Danger」「DOPE」「BOY IN LUV」「FIRE」「I NEED U」などBTSの歌唱力とキレのあるダンスが目立った。

続いて2014年に開催されたコンサートは「No More Dream」「Attack on Bangtan」「Paldo Gangsan」などBTSの魅力が輝くステージでファンの心をつかんだ。ほかにもメンバーの多彩な魅力が垣間見るファンミーティングの模様まで見どころ満載だった。

2日目の19日には'2017 BTS LIVE TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR IN SEOUL', '2017 TRILOGY EPISODE III THE WINGS TOUR THE FINAL', 'LOVE YOURSELF SEOUL'コンサートと2018年開催されたファンミーティング'BTS 4TH MUSTER [HAPPY EVER AFTER]'などが配信された。一層成長したBTSの姿が見られた。

何より今回の‘BANG BANG CON’で注目すべきところは単純ライブ視聴を超えて全世界のARMYを一つにし、新しい観覧文化を提示したということだ。

Big Hit EntertainmentはコミュニティープラットフォームWeverseで全世界の公式ペンライト(以下ARMY BOMB)を繋ぎ、ファンに新しい体験を提供。WeverseでBANG BANG CON視聴時にBluetoothモードでARMY BOMBを接続すると映像のオーディオ信号によりARMY BOMBの色が変わる技術を提供し、ファンがまるで同じ場所に集まって応援する気分が感じられるようにした。

 BTSは新しい形のライブに続き、特別な観覧文化まで作り、‘アンタクト時代’のハブとしての役割を果たした。単純にファンのためにオンラインストリーミングライブを提供することにとどまらず、もう一歩進み、ファンが熱く応援しながら楽しめる方法に注目し、全世界のARMYを一つにした。

2日間全世界162地域でおよそ50万本のARMY BOMBが連動され、YouTube ‘BANGTANTV’はもちろんのこと、SNSとWeverseでもBTSを応援するリアルタイムコメントが途切れることなく続いた。ファンはリアルタイムで色が変わるARMY BOMBの連動システムと一緒にライブを観ながらSNSとWeverseに#BangBangCon'のハッシュタグとともにライブを楽しんでいる姿を共有した。

 該当ハッシュタグはWeverseとTwitterで2日間およそ646万件掲載された。ファンはこれによってもっとリアルに同じ会場にいるような気持ちを味わいながら’BANG BANG CON‘を楽しく観覧することができた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)