デビュー22周年を迎えた浜崎あゆみが8日、ショートビデオアプリ「TikTok」内にてオフィシャルチャンネルを開設した。

TikTokキャプチャ

 昨日、チャンネル内やその他SNS等で開設の告知動画が先行公開されており、「このためにTikTokダウンロードした!!」「まさかTikTokで見れるなんて…」と歌姫の降臨を喜ぶ声が国内ファンだけでなく、海外ファンからも多数寄せられている。

 記念すべき初投稿は、2008年にリリースしたアルバム『GUILTY』に収録されており、ファン投票No.1にも輝いた人気曲「MY ALL」の振り付け動画2本。

 1本目は自宅の庭と思われる場所でマスクをつけて笑顔で踊るayuの姿が映されており、動画のラストには「Thank you for 22 years...□」(※□は白抜きハートマーク)とファンへの感謝のコメントも。

 2本目は室内で撮影されたものだが、自宅とは思えない豪華な床や背景に思わず目が行ってしまう。

 1本目同様、笑顔で踊るayuの隣にはたくさんの愛犬の姿が。

TikTokキャプチャ

 そしてこの室内で撮られた動画で最も注目すべき点が、同楽曲の中国語バージョンの音源がBGMに使用されていることである。

 前述した通り、ファンにも人気の高い「MY ALL」という楽曲だが、この人気は国内だけでなく中国でも絶大で、中国国内での音楽ストリーミングサービス「網易雲音楽」においては、長年にわたりJ-POP月次ランキング20位以内にランクインし続けている。

 そんな中国で最も人気のあるayu楽曲「MY ALL」の中国語バージョンがこの動画内で初公開され、中国ファンの歓喜の声が数多く上がっている状況だ。

 投稿された動画には共通して「#おうちダンス #ハッシュタグつけて踊ってみてね #ayu22ndanniversary #ayusongchallenge #ayu22周年 #ayuソングチャレンジ」と6つのハッシュタグが記載されており、自宅に居ながらでもファンと一緒に楽しんで22周年を過ごしたいというayuの想いがこの投稿の全てから感じることができた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)