NHKは4月1日、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、大河ドラマ『麒麟がくる』と連続テレビ小説『エール』の収録を当面見合わせることを発表した。

 ドラマ番組の収録はこれまでも、感染予防対策を徹底してきたが、両ドラマ番組は出演者とスタッフの数が多く、演出上、安全対策にも一定の限界があると判断した。なお、両ドラマ番組の関係者に、感染の疑いのある人は出ていない。

 収録の見合わせは当面、12日までとし、以降は状況を見ながら判断する。直ちに放送が休止することにはないといい、今後の放送予定は番組表や番組ホームページで適宜知らせるという。

 そのほかのドラマ番組については、収録場所や内容など、個別の状況を総合的に勘案して収録の継続を判断するという。

この記事の写真

写真はありません

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)