(C)石森プロ・東映

 「ロボコン」シリーズ20年ぶりの最新作『がんばれいわ!!ロボコン』の映画が決定。2020年7月31日からMX4Dを含む全国公開となる。4月1日には本作の“タイトル”、“ロゴ”、“公開日”が解禁となった。

 タマゴ型で赤くコーティングされたボディに愛らしい眼が特徴的なドジなロボット、「ロボコン」。1975年に「がんばれ!!ロボコン」が放送されるや、同時期に誕生した「スーパー戦隊」・「仮面ライダー」とともに瞬く間に子供たちの共感を呼び、最高視聴率は29.2%を誇った。

 原作は「仮面ライダー」「サイボーグ009」など数々のキャラクターを生み出し、“マンガの王様”と称される石ノ森章太郎。1999年~2000年にかけては、香港で巻き起こった空前の「ロボコン」ブームが日本にも押し寄せ、「燃えろ!!ロボコン」が放送された。前作「がんばれ!!ロボコン」を観ていた世代が親となり、親子2世代で楽しめるコメディロボット作品として人気を博した。

 そして、令和に突入した今、新生「ロボコン」が20年ぶりに映画になって帰ってくる。タイトルは「がんばれいわ!!ロボコン」。文字通り“がんばれ”と“令和(れいわ)”をかけ、コメディ作品としての“ギャグ”をタイトルでも表現した。昭和、平成、令和と3つの時代を一貫したギャグセンスで駆け抜けてきた新生「ロボコン」が本作で親子3世代、いや4世代の動員を狙う。

 さらに、本作で石田秀範監督と脚本家・浦沢義雄による「燃えろ!!ロボコン」以来の夢の再タッグが実現。石田監督は、「ヒデ・I」の名義で「燃えろ!!ロボコン」の監督を務め、「平成仮面ライダー」シリーズでも数多くの作品を手掛けてきた。

 一方の浦沢も代表作である「不思議コメディー」シリーズを筆頭に、「スーパー戦隊」シリーズといった特撮作品に加え、「忍たま乱太郎」「クレヨンしんちゃん」などの子ども向けアニメ作品まで知り尽くした脚本家で、この両者が20年ぶりのタッグを組み、満を持して新生「ロボコン」を生み出す。

  新生「ロボコン」が、令和の時代にどんなドタバタ劇を繰り広げるのか、そして迫力満点のMX4Dでロボコンはどんな形態に生まれ変わるのか。本映画企画発表にあわせて『がんばれいわ!!ロボコン』映画公式Twitter( @toei_ROBOCON )も開設された。

白倉伸一郎プロデューサー コメント

 お仕事ロボットの世界を描く「仮面ライダーゼロワン」は、ロボコン復活への布石にすぎなかった!

 時代はまさに1・0(レイ)・0(ワ)。ロボ根性で100点満点めざします。がんばれいわ!! ロボコン! ウララ〜。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)