SUPER☆GiRLSが今年デビュー10周年の節目の年を迎えた。その記念すべき幕開けを飾るのは、グループ初の桜ソング「忘れ桜」。作詞作曲は数々の名曲を世に生み出してきた杉山勝彦氏。これまでのスパガ楽曲とは異なる曲調で、新たな可能性を感じられる作品になった。今回の楽曲でWセンターを務める渡邉幸愛と阿部夢梨を始め、メンバーの今年かける思いは強い。渡邉、阿部、そして坂林佳奈、樋口なづなの4人に意気込みと本作に込めた思いを聞いた。【取材・撮影=木村武雄】

個人もグループも充実した1年に

――今年はデビュー10周年の節目です。グループとして個人としてどういう年にしたいですか。

渡邉幸愛 掲げてきた日本武道館公演は難しいところではありますが、作品毎に目標を立ててファンの皆さんと一緒に達成していく、そういう一つ一つを大事にする一年にしたいです。何よりも10年続けられるアイドルグループはそうはいないので、感謝の気持ちをファンの皆さんに伝えていきたいです。個人としてはソロライブを実現させて頂く予定でき、プライベートではゴルフを始めて、他にもやりたいことや勉強したいこともあります。でも私の今の人生はスパガと言ってもいいぐらい、個人でもありグループでもあるという感覚。このグループへの感謝の気持ちが強いので、まずはグループに貢献できる、力を振り絞る一年にしたいです。

渡邉幸愛

渡邉幸愛

阿部夢梨 私にとっては高校三年生になる年で、スパガにとって10周年という大切な1年。1秒たりとも時間を無駄にしたくないです。2019年は自分に正直に生きた結果、新しい趣味や好きなことがたくさんできました。2020年になってまだ数カ月しか経っていないけど時間が足りないぐらい毎日が充実しています。なので今年は、仕事でもプライベートでも時間を有効活用したいと思っています。最近はアニメ鑑賞が趣味で生き甲斐です。早く家に帰ってアニメを見たいぐらい(笑)。それと何かを諦めるとか、力を抜くというのが嫌いなので芸能活動も全力で注いでいますが、学業も力を抜きたくないと思っています。

阿部夢梨

阿部夢梨

坂林佳奈 夏にグループみんなで海外に行きたいと思っています。去年、「ナツカレ★バケーション」のミュージックビデオの撮影で行ったタイの思い出が忘れられなくて。結構過酷な日々でしたが、私の中では「夏と言えば」というぐらいの思い出。メンバーとの距離がグッと縮まったのもタイでした。当時は加入して間もない海外でしたが、今年の夏に行けるのなら1年経ってからの海外なのでまた違った感じでの思い出ができそうなので楽しみです。今回行くとしたらハワイもグアムも行きたい!

――それはマラソンで?

坂林佳奈 およ…泳ぎで(笑)

渡邉幸愛 泳ぎで!?(笑)

阿部夢梨 ハワイ良いですよね。マラソンでも行きたい!

渡邉幸愛 すごく行きたいので何か理由を付けて(笑)

阿部夢梨 ホノルルマラソンのアンバサダーとか!

渡邉幸愛 昔やっていたね。

阿部夢梨 もう一度やらせてもらいましょう!

渡邉幸愛 がんばろう!

坂林佳奈

坂林佳奈

――一つの目標が出来ましたね。樋口さんは?

樋口なづな アイドルになって二年目ですので、良い意味で色々な事に慣れてきました。私は時間にルーズな性格で、気を抜くとそういうところがでてきてしまいますし、食べ物も沢山摂取して肥えてしまうかもしれない。そういう、慣れてきたことによって負の連鎖が起こらないように初心を忘れずにしっかりとしていきたいです。

樋口なづな

樋口なづな

――そういえば、MusicVoiceのインタビュー前ってだいたい何か食べてますよね? 今回もですが(笑)。

阿部夢梨 今回は1日取材で昼食をとる時間がなくて。なので、インタビューの合間を縫って取り入れています。取材と取材の間の空き時間は5分ぐらいなんですけど…そこで食べています(笑)

――今回は何を食べていたのですか。

全員 スパゲティです。

――5分で?

全員 ちびちび食べています。

坂林佳奈 ミートボールを一口で食べました。

――なかなかすごい、しかも白衣装でミートとなると…。

阿部夢梨 エプロンをかけて慎重に食べています(笑)

樋口なづな、渡邉幸愛、阿部夢梨、坂林佳奈

樋口なづな、渡邉幸愛、阿部夢梨、坂林佳奈

挑戦だった「忘れ桜」、これまでにない表情も

――さて「忘れ桜」ですが、スパガ初の桜ソングで、メッセージ性の強い楽曲に感じましたが、どういう経緯でしたか。

渡邉幸愛 リリースタイミングは前に決まっていて、どういう曲が良いかとスタッフさんとお話ししました。そのなかで、ザ・アイドルという制服を今回は脱いでみようと。春のシングルでもあるので、桜ソングにしてみようという流れです。乃木坂46さんなどの名曲を生み出している杉山勝彦さんが作詞作曲して下さって嬉しかったです。初めて聴いた時はこれまでのスパガのイメージとは違っていたので歌えるか、ちゃんと表現できるかすごく不安でした。でもレコーディングを終えて完成したものを聴いたら、私たちの曲になっていて自信の持てる楽曲になりました。

渡邉幸愛

渡邉幸愛

――皆さんはどうですか? 初めに聴いた印象とどういうふうに歌おうと思ったのか。

阿部夢梨 幸愛さんとWセンターを務めさせて頂いているので、幸愛さんと私が歌うところが多いいです。第4章にしてしんみりした曲を歌うということで、今まで私はアップテンポの曲を中心に歌ってきましたので、こういう曲に感情移入しながら歌うということに慣れていなくて。実際にレコーディングでも壁にぶつかりました。声質も含めて探り探りでに臨みました。

――結果、見つけられたんですね。

阿部夢梨 見つかりました。今年の初めに声帯を壊してしまって、一度声との向き合い方を考えた結果、今の歌い方があるというか。今までは声帯のことを考えずに、ただただがむしゃらに歌ってきました。そこに声変わりも重なって壊してしてしまったので、もう少し考えて歌っていきたいと思い、いつもなら「ここぞ」というときは声を大きく強く出しますが、今回の曲で言えばAメロBメロはすごく柔らかなトーンなので、息の出し方を意識しました。

――このタイミングでのWセンターについてどう思いましたか。

阿部夢梨 最初聞いた時は驚きましたし、ずっと3年間先輩として活躍していた方と一緒にセンターを務めさせて頂けることがなによりも嬉しくて、自分の自信にもなりました。プレッシャーも2人で分けることが出来るというか、安心感をもって、今まで以上に自分を出してパフォーマンスすることが出来ています。

阿部夢梨

阿部夢梨

――坂林さんはどうですか。

坂林佳奈 4章始まっての初のしっとりとしたバラードなので驚きはありました。その分、きちんと表現できるかが不安でした。それで歌う時に、メンバーの誰かが卒業することを想像しながら歌ったら感情移入するかもしれないと思い、そう意識して歌いました。メンバーは家族みたいな存在なので、誰を想像してもそういう気持ちになりました。

――樋口さんはどうですか。

樋口なづな 私はアイドルが好きで、アイドルアイドルしたアップテンポの曲ばかり聴いているので、こういう曲調に初めて出会ったといいますか、きちんと聴いたことがなくて。しっとりした曲について探り探りでした。歌っていくうちに感情移入も出来てきて、ダンスと歌もマッチしている曲なので、一曲に全身全霊を注ぐことが出来ました。

――渡邉さんは自信の持てる曲になったとお話されていましたが、挑戦的な曲でもありましたか?

渡邉幸愛 スパガはアップテンポな曲が多いですし、歌詞がストレートな曲って少ないんです。卒業って全員が通る道。私自身も学校を卒業した経験もありますし、卒業するメンバーもこれまでも見送ってきて、そういうことを思い出しながら歌いました。

――MVはいかがですか。

渡邉幸愛 主に2つに分かれていて、1つがストーリーシーンで、私が引っ越しをします。それで親友の夢梨が手伝いに来てくれて。その家で、みんなで過ごした日々を回想したり、まるで本当に自分が卒業しちゃうんじゃないかと思うくらいに描いて頂きました。ダンスシーンは妖精だと思って舞いながら撮影しました。撮影の前日にメンバーの石丸(千賀)ちゃんからLINEが来て「絵コンテ読んだら、本当に幸愛ちゃんが卒業しちゃうんじゃないかって涙が出た」って。私本当に卒業するのかなと思うくらいの内容ですが、それくらいこの曲の世界観を表現したMVになっています。

――曲のイメージが最初に聴いたのと、MVを見てからだとでは違いを感じます。スパガにとってMVの役割は何だと思いますか。

樋口なづな 今はYouTubeで観られるようになっているので、初めて聴いた人でも私たちの顔が画面に出てくるので、自己紹介的な役割があると思います。今までのスパガのMVは元気系が多かったと思いますが、今回はしんみりしているので、また違ったスパガをお見せできるMVになっていると思います。表情も切ない感じになっているのでそこも注目してほしいです。

――坂林さん、MV撮影はいかがでしたか。

坂林佳奈 今回もCRE8BOYさんに振付して頂きました。撮影中も「自分の卒業式だった日を思い出して」「その調子」「さっきよりも表情が良くなっている」と言って下さって、テイクを重ねるごとにメンバーの気持ちも高まっていくような感覚を味わいました。表情に関しても、これまで一切なかった表情を出すことが出来ました。この曲は、切ないとか、行かないでという想いがあるけど、でも未来を信じて前を見て、という気持ちの強い部分も込められていて、それを表現するというのは初めての試みだったので、また新しい4期の表情も含めて、MVを観て欲しいです。

印象が変わったメンバー

――カップリングの「☆マカロニマカロン☆」の印象は?

渡邉幸愛 「忘れ桜」が切ない曲ですので、逆にノリノリな曲が好きな方に響く一曲を作りたいということで、デモ選びから夢梨と私が参加させて頂きました。色々な候補がある中で、夢梨と私とスタッフさんの意見が一致したのがこの曲で、曲が決まってから歌詞をつけて頂きました。鈴木まなかさんが作詞されましたが、スパガでも人気の曲を書いて下さっていて、恋愛ソングの歌詞はいつも輝いているんです。<マカロニマカロン>というキャッチーな言葉でありながら、女の子の可愛い心情がしっかり描かれていて、魅力的な一曲になっています。

――阿部さん、この曲調を選んだ理由はなんですか。

阿部夢梨 カップリングには、「忘れ桜」とは対照的な楽曲を入れたいなという想いがみんなありましたので「盛り上がる曲をやりたい」とは言っていました。実際色々な曲を聴いてみても、輝いていてその時点で私たちが踊っている姿が想像できるような曲でした。

――坂林さん、印象はどうでしたか。

坂林佳奈 初めて頂いた時に、歌詞が<マカマカマカロニマカローン…>となって「えっ?」となりました。聴き込むほど、乙女心の繊細な気持ちだったり、相手に対する思い可愛い女の子。この曲を歌う時にはこの子になりきろうと思いました。普段はあまり好きだよとは言わないけど、この曲を歌うときは、主人公だと言わんばかりの気持ちで歌わせて頂きました。

坂林佳奈

坂林佳奈

――樋口さんどうですか。

樋口なづな タイトルを見たときに、面白い曲かなと思ったんですけど歌詞を見てみると可愛いらしい乙女心が書かれていて、「ねぇ」とか、「だもん」という普段使うような言葉が入っているので染み渡りやすいというか、なりきりやすかったので、レコーディングも楽しい気持ちで歌えました。

――印象的には樋口さんに合っているような感じですが。

坂林佳奈 料理が出来るイメージがあって、歌詞も<料理作っちゃうんだもん>ってあるから、ぴったり!

――ところで「忘れ桜」で<こんなに仲良くなれるとは思わなかった>という歌詞があります。それに掛けて、最初の印象と変わったというメンバーがいたら教えてください。

渡邉幸愛 坂林です。私は、来てくれる人は特に拒まないし仲良くなれますが、自分から入り込むのは苦手で。佳奈かなぽんも最初は一匹狼タイプなのかなって。顔も美人だし、クールに何でもこなしていくような雰囲気を持っているので、私から話しかけることも少なく、佳奈かなぽんからも来ることもなく過ごしていたんですけど、去年の中頃あたりから、飲みごはんに行ったり、話す機会が増えて。それで佳奈かなぽんから「幸愛とは絶対仲良くなれると思っていた」と言われてびっくりして。そんな素振りも見せなかったから気付かなかったから。お茶目な部分や意外に情熱的なところも含めて、良い意味で印象が変わりました。

――そんな坂林さんは?

坂林佳奈 加入前から幸愛とは性格が合うと思っていました。でも加入してから「あれ? 距離取ってない?」って(笑)。メンバーに平等に接しないといけないということなのかなと思っていましたが、それにしても距離を取っているなと。何がきっかけか分からないですけど、絶対合う自信はありました。タイの時も「幸愛さんじゃなくて、幸愛ちゃんで良いよ」って言われたんですけど、最初から幸愛って呼び捨てして。先輩であり、年下なので、不思議です。

――歳はあまり考えていない? 加入時期は関係あるかもしれないけど。

渡邉幸愛 後輩というより、友達みたいなほうが強いかも。飲みごはんに行くと、スパガの話ばかりしていますし。どうしたらいいのだろうとか、根は真面目です。

――阿部さんは?

阿部夢梨 私も佳奈かなぽんですね。オーディションの頃から、佳奈かなぽんとラジオでお話することがあって、顔が超絶タイプだし、プロデューサーさんにもこの人は絶対入れて下さいと言っていたくらい推しメン。それでいざ加入するとなって、仲良くなりたいと思ったので、最初から、「佳奈かなぽーん」って呼んだんですけど、未だに打ち解けてくれなくて(笑)。私、好きな人にはスキンシップが激しい人で、ハグしたり、手を繋いだり、顔も近いんですけど、本気で嫌がっているんですよ(笑)。毎日「可愛いよ」と言っているのに、「ああ…」だけだったり。もっとフレンドリーな人かと思っていたけど、全然そんなことなくて…。

――男っぽいというかサバサバしているんですかね。

渡邉幸愛 そうですね。顔は女性なんですけど、中身は情熱的なところもあったり、サバサバしているので、男の子っぽいかも。でも乙女なんですよね。ややっこしいんですよ。

坂林佳奈 ベタベタするのは嫌なんですよ。

渡邉幸愛 面倒くさ!(笑)

――樋口さんは?

樋口なづな 私は金澤有希ちゃんです。同期とはいえ、先輩感があって、ずっと金澤さんのことを「有希姉さん」と呼んでいて、向こうもお姉さんぶっていたんですよ。でも、ある時から、この人は頭が弱いんだなと気付いて。「隠しているでしょ、本心」と言っていたら、どんどん本心を出してくれるようになって、今じゃメンバーでは一番仲良しで、一緒に旅行にも行ったりする仲なんです。でも現実を考えたら8歳差で。多分、向こうの精神年齢が低いんだと思います。ファンの方からも、私の方がお姉さんに見えると言われるんですよ。

渡邉幸愛 まさか、いないメンバーをディスるという(笑)。でも見た目も「18歳」と言われたら18歳にしか見えなくなる。それぐらい気持ちも見た目も若いと思います。

樋口なづな

樋口なづな

――確かに若く見えますよね。さて、改めてになりますが、今回のシングルは個人的に「ナツカレ」以上のインパクトを感じています。

渡邉幸愛 何事も与えられているだけだと上に行けませんし、もっと挑戦して幅を広げていかないといけないと思っています。自分達発信で「この曲良いですよね」と発信したのも今回が初めて。パフォーマンス力を上げていかないとこのアイドル業界では生き残っていけませんし、上には上がれないので、それぞれが高めていくためにもこのタイミングのこの曲は意味のあるものになると思います。

樋口なづな、渡邉幸愛、阿部夢梨、坂林佳奈

樋口なづな、渡邉幸愛、阿部夢梨、坂林佳奈

(おわり)

この記事の写真
渡邉幸愛
渡邉幸愛
坂林佳奈
坂林佳奈
樋口なづな
樋口なづな
阿部夢梨
阿部夢梨
樋口なづな、渡邉幸愛、阿部夢梨、坂林佳奈
樋口なづな、渡邉幸愛、阿部夢梨、坂林佳奈

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連記事は下にスクロールすると見られます。